M4 (ミサイル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
M4 SLBM
種類 SLBM
運用史
配備期間 1985[1]
開発史
製造業者 EADS スペース・トランスポーテーション
諸元
重量 36,000 kg[1]
全長 11.50 m[1]
直径 1.93 m[1]

弾頭 M4A TN70核弾頭、M4B TN71核弾頭。核出力150 kt、MIRV。

エンジン 3段式固体燃料ロケット[1]
誘導方式 慣性誘導
発射
プラットフォーム
ル・ルドゥタブル級原子力潜水艦
テンプレートを表示
M4

M4フランス海軍が運用していた潜水艦発射弾道ミサイル(仏 MSBS,Mer Sol Balistique Strategique)[2]ル・ルドゥタブル級原子力潜水艦向けのミサイルであり、一隻あたり16基搭載できる。

概要[編集]

フランスは、独自に核戦力の整備を行っており、その一環として、1970年代より潜水艦発射弾道ミサイルを配備してきている[2]。M4はM20の後継として1985年5月1日より配備が開始された。開発はアエロスパシアル。フランスのSLBMで初のMIRV(多弾頭式)であり、6個の核弾頭を有している。M20よりも大型化し、全長・直径・重量とも増大している。搭載に際してはミサイル適合改良工事が必要であり、ル・ルドゥタブル(S610)には工事が行われず搭載されなかった。その他のル・ルドゥタブル級原子力潜水艦の各艦には工事後、搭載されている。後期型のM4Bは、1987年より配備が開始され、搭載核弾頭がTN70(核出力150kt)から軽量化されたTN71に変更となったこともあり、射程が約1,000km延びている。

1997年からは、サイズはほぼ同じながら、射程が延長した改良型のM45の配備が開始され、M4との更新が行われた[3]

要目[編集]

  • 3段式ミサイル
  • 全長:11.05 m
  • 直径:1.93 m
  • 重量:36 t
  • 弾頭:6基 (M4A TN70核弾頭、M4B TN71核弾頭)
  • 射程:4,000 km(M4A)、5,000 km(M4B)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f M-4 / M-45”. FAS (2000年8月11日). 2016年11月16日閲覧。
  2. ^ a b フランス海軍の戦後戦略とその潜水艦部隊,日野景一,世界の艦船,1992年9月号,P98-101
  3. ^ Ministère de la Défense. “Strategic ballistic missiles (MSBS)”. 2016年11月16日閲覧。

外部リンク[編集]