Lush (プログラム言語)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Lush
作者 Leon Bottou、Yann LeCun、Jie Huang Fu.
開発元 Various
初版 1980年代初頭
最新版 2.0.1[1] / 2011年3月12日(6年前) (2011-03-12
対応OS POSIX 準拠の複数のオペレーティングシステム
プラットフォーム クロスプラットフォーム
対応言語 Common Lisp
種別 インタープリタ
ライセンス パブリック・ドメイン
公式サイト http://lush.sourceforge.net/
テンプレートを表示

LushLISPオブジェクト指向の機能を加えた言語処理系であり、機械学習ソフトウェアのためのスクリプト言語として開発された。機械学習には数値計算によるもの、GUI を備えるものなど多数合ったが、Lush はより汎用であり、オペレーティングシステムなどのシステム寄りの記述もでき、ネットワーク・プログラミングや計算機管理といったアプリケーションにも対応している。Lush で書かれたプログラムはC言語に変換され、多次元配列処理エンジンが組み込まれる。Lush の開発はオープンソースプロジェクトとして続けられており、GPL にしたがった利用、配布が認められている。Lush には、多くのライブラリ (ALSABLASFFTWGNU Scientific Library(GSL)、HTKLAPACKMPIOpenGLOpenCVSDLVideo4Linux など) を利用するためのインターフェイス (C言語および Lush 自身で書かれている) が用意されている。Lush プロジェクトの創始者 Léon BottouYann LeCun は、実行環境として POSIX 準拠のシステム(BSDUNIX系のオペレーティングシステム)、LinuxSolarisIRIX を想定し、Sourceforge で開発を続けている。言語の名前「Lush」は「LISP統合シェル」を意味する英語の「LISP universal shell」に由来する。

機能[編集]

ヘルプ[編集]

Lush はコマンドライン・インターフェイスでの対話的な動作により、簡便な入出力ができる。

ヘルプを表示するには、コマンドライン・インターフェイスで以下のようにする。

? (helptool)

ディスプレイ上にマニュアルやチュートリアルを表示するウィンドウが開かれる。

コマンドライン・インターフェイス内で関数の解説を見るには、以下のようにする。

?^Adraw-line

こうすると、drawline 関数のヘルプが表示される。

配列操作[編集]

N-次元の多次元配列と、LISP 風の書き方の両方を同時に使うことができる。

値の設定と参照[編集]

? (defvar m (matrix 2 3)) ;; 多次元配列の定義
= ()
? m  ;; 配列の表示
= [[  0.00  0.00  0.00 ]
   [  0.00  0.00  0.00 ]]

? (m 1 2 5)  ;; (1,2) の要素の値を 5 に設定
= [[  0.00  0.00  0.00 ]
   [  0.00  0.00  5.00 ]]
? (m 1 2) ;; 要素 (1,2) の値を表示
= 5

スライス[編集]

? (select m 1 2)  ;; 1次元目の方向での二つ目のスライスを選択
= [  0.00  5.00 ]
? (narrow m 1 2 1) ;; 1次元目方向のサイズを 2 に縮小し、オフセットを1 にする
= [[  0.00  0.00 ]
   [  0.00  5.00 ]]

リスト[編集]

配列は、その配列と同じ構造を持ったリストに変換でき、またリストから配列を生成することもできる。

? (m () () (range 6))
= [[  1.00  2.00  3.00 ]
   [  4.00  5.00  6.00 ]]
? (m () ())
= ((1 2 3) (4 5 6))

参照[編集]

  1. ^ Lush News”. 2016年6月3日閲覧。

外部リンク[編集]