L8020乳酸菌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

L8020乳酸菌(エルはちまるにまるにゅうさんきん、正式名称:ラクトバチルスラムノーザスKO3株)は、広島大学大学院の二川浩樹教授が、歯周病むし歯になったことのない健康的な子どもの口の中から発見したヒト由来の乳酸菌である。

概要[編集]

歯周病菌・むし歯菌の発育を阻止する制菌効果のある乳酸菌の一種で、ヒトの口腔内から5種類の歯周病菌・むし歯菌・カンジダ菌を効果的に抑制し、口腔内環境を健康に保つことができる。

満80歳で自分の歯を20本以上保ってほしいという思いを込めて、L8020乳酸菌と名付けられた。

L8020乳酸菌関係特許製品の研究、開発、製造、販売及び技術移転などはキャンパスメディコ[注釈 1]が行っている。

検証実験[編集]

検証実験では、学生50人が2週間にわたって昼食後に食べ、菌の抑制具合を調査[1]。2週間後、唾液中のむし歯菌は平均83%も減少し、4種類の歯周病菌も40~95%減ったという。一般的なヨーグルトでは、むし歯菌が38%減ったものの、3種類の歯周病菌は増殖していた[2]

歯周病菌への検証結果[編集]

9.7×10⁷個の歯周病菌を満たしたシャーレに、L8020乳酸菌入水溶液10mlを30 秒間接触させたところ、歯周病菌[注釈 2]が99.9%以上減少[3]

むし歯菌への検証結果[編集]

8.4×10⁶個のむし歯菌を満たしたシャーレにL8020乳酸菌入水溶液10mlを30分間接触させたところ、むし歯菌[注釈 3]が99.9%以上減少[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ CampusMedico-エトキシシラン系消毒薬《Etak》
  2. ^ Porphyromonas gingivalis・Prevotella intermedia・Tannerella forsythia・Fusobacterium属・Actinobacillus actinomycetemcomitans
  3. ^ Streptococcus mutans

出典[編集]