J-DREAM ガイナーレ劇場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

J-DREAM ガイナーレ劇場』(じぇーどりーむ がいなーれげきじょう)は、山陰放送が制作し、毎週金曜24:50~24:55(JST)に放送していた、Jリーグ所属のガイナーレ鳥取の応援番組。ナレーター及び出演はタレントのMASAKO

概要[編集]

JFL時代にSC鳥取ガイナーレ鳥取と名を変え、プロ化してJリーグ参入を目指したことを受けて放送開始された、ガイナーレ鳥取にとっては最初の応援番組。開始当初は「Road To J」というタイトル(当時のテレポート山陰でガイナーレ鳥取情報を伝えるコーナーと同名)で、2009年に「ガイナーレ劇場」のタイトルが新たに付され、Jリーグ参入後は現在のタイトルとなっている。

開始当初は山陰放送アナウンサーによるナレーションで放送され、放送曜日・時間も異なっていたが、2009年にガイナーレ鳥取に移籍加入したシュナイダー潤之介をMCに迎える形でリニューアルされ、同選手が同シーズン限りでガイナーレ鳥取を退団後に現在のMASAKOがナレーション及び顔出し出演を兼任するスタイルに本格的に移行した(MASAKOはシュナイダー時代からナレーションも担当)。

内容は選手または監督へのインタビューを中心に、試合回顧・イベント情報・キャンプ情報なども伝える。

出演[編集]

現在[編集]

  • MASAKO (2009年はナレーション中心、2010年以降は本格的にMCも兼任。提供読みも担当)

過去[編集]

  • 初期は前述のように山陰放送アナウンサーがナレーションを務めた。顔出し出演は行われなかった。
  • シュナイダー潤之介 (現横浜FC2009年のみMCを担当。現行番組タイトルは、彼が中心となってホームゲーム試合後に行われていたセレモニーにちなんで付けられた)

関連項目[編集]