Interactive Connectivity Establishment

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

Interactive Connectivity Establishment (ICE) ドラフトは、IETFのMMUSICワーキンググループによって開発され、様々な技術を用いてNAT通過の為の仕組みを提供する。特にそれはSIPベースのVoIPクライアントがリモートユーザーとネットワークの間に存在するかもしれない様々なファイアウォールを通過できるよう用いられる。それは、XMPPジングル拡張にも用いられる。

IETF仕様書[編集]

  • Interactive Connectivity Establishment (ICE): A Protocol for Network Address Translator (NAT) Traversal for Offer/Answer Protocols RFC 5245
  • Session Traversal Utilities for NAT (STUN) RFC 5389
  • Traversal Using Relays around NAT (TURN): Relay Extensions to STUN RFC 5766

IETFワーキンググループ[編集]

オープンソースによる実装[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]