Realm-Specific IP

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

RSIPとはIETFの実験的な枠組みとプロトコルである。 RSIPはNATの代わりとなるものとして意図されたプロトコルであり、 パケットのE2Eでの整合性が維持される。

RSIPはRSIPのホストが1つかそれ以上のIPアドレス(とUDP/TCPポート)を 1つかそれ以上のRSIPのゲートウェイから借りることを許可する。

RSIPは(通常はパブリックの)IPアドレスとポートを他の(通常はプライベートの) アドレス領域に存在するRSIPホストに貸すことによって機能する。

RSIPクライアントはRSIPゲートウェイに登録を要求する。 次にRSIPゲートウェイはユニークIPアドレスか、共有されたIPアドレスとユニークなTCP/UDPポートのセットを

配布し、RSIPホストのアドレスとこのアドレスを関連付ける。 RSIPホストはこのアドレスを他のアドレス体系にある宛て先にパケットを送るために使う。 RSIPホストとゲートウェイの間をトンネルでつながれたパケットは両方のアドレスを含んでいて、 RSIPゲートウェイはホストアドレスヘッダを取り除き、宛て先にパケットを送る。

RSIPは異なる宛先ネットワークに到達するために、いくつかの異なるアドレスを貸し出すことによって、 異なるプライベートアドレスを持ったいくつかのネットワークの間のトラフィックを 中継することにもまた使うことができる。

RSIPはUPnPに取って代わるIETF基準のNAT traversalにとって実用的でなければならない。

2004年11月現在、プロトコルは試験的な段階にあり、まだ広く使われていない。

参照[編集]

外部リンク[編集]

  • RFC 3102 - Realm Specific IP: Framework
  • RFC 3103 - Realm Specific IP: Protocol Specification
  • RFC 3104 - RSIP Support for End-to-end IPsec