High Productivity Computing Systems

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

High Productivity Computing Systems (ハイ・プロダクティビティ・コンピューティング・システムズ、HPCS)は、アメリカ国防総省国防高等研究計画局 (DARPA) によるプロジェクトである。日本語では「高生産性コンピューティングシステム」などとも訳されている。

概要[編集]

2002年から2010年の期間に、国防および産業用の、経済的で生産性が高い新世代のスーパーコンピュータを開発することを目標としている。

HPCSプロジェクトは3段階(フェーズ)に分けられ、参加が認められた商用ベンダーは、2002年からの第1段階では5社、2003年からの第2段階では3社に絞り込まれた[1]2006年からの第3段階では、ペタフロップスクラスのスーパーコンピュータ開発を目標とし、更に2社に絞り込まれ、クレイに2億5000万ドルIBMに2億4400万ドルを資金援助する事が発表された[2][3]

2010年2月現在、IBMPERCSシステム、CrayCascadesシステムを開発中である。

HPC Challengeは当プロジェクトの一部である。2010年以降の後継プロジェクトにはUbiquitous High Performance Computing(UHPC)プロジェクトが計画されている[4]

参加企業・組織[編集]

その他(公式サイト上は状況不明)

参照[編集]

  1. ^ 米国防総省のスパコン開発プログラム第2段階に突入,米IBM,米Cray,米Sunに総額1億4600万ドルの奨励金を授与 - ITPro
  2. ^ DARPA Selects Cray and IBM for Final Phase of HPCS - HPCwire
  3. ^ 米国防総省のスパコン開発プログラム,“勝ち残った”CrayとIBMに計5億ドルを支給 - ITPro
  4. ^ DARPAのExtreme Scale Computingに向けた挑戦 - UHPCのRFIが公開 - マイコミジャーナル
  5. ^ DARPA Selects IBM for Supercomputing Grand Challengeクラスタファイルシステム
  6. ^ Cray Signs $250 Million Agreement With DARPA to Develop Breakthrough Adaptive Supercomputer

関連項目[編集]

外部リンク[編集]