Help:Twinkle

ナビゲーションに移動 検索に移動
Mr. Twinkly
Twinkle globalを使用している時の表示

Twinkleとは、Javascriptで動作しているガジェットで、各種メンテナンス作業の支援目的で作成され、荒らしの対処、初心者のミスの差し戻しなどに使えます。現在、日本語版ウィキペディアでは、「Twinkle global」として使用できます。

対応環境[編集]

ブラウザ 動作 備考
Safari 5.0.1/WinXP Human-emblem-OK-green.svg

使い方[編集]

リバート
Twinkle globalの機能の「rollback」は3つの種類があり、主に、「rollback (AGF)」、「rollback」、「vandalism」があります。「rollback (AGF)」は、初心者のミスなどに使用でき、要約欄に、「Reverted good faith edits by…」と記載されます(理由も記入可能。「rollback」は、通常の差し戻しに使用し、理由を記入することができます。「vandalism」は、荒らしやスパムなどに使用し、確認なしで差し戻すことができます(理由は記載不可)。
削除依頼タグの貼り付け
グローバルロックの依頼
その他のタブの横にある「TW」をクリックすると、「GARV」と言うものが出てきます。そこをクリックし、必要事項を記入すると、m:Steward requests/Globalにてグローバルロックなどを依頼することが出来ます

使用方法[編集]

メタでの、m:Special:Mypage/global.jsm:User:Ahmad252/How to globally Twinkleにて公開されているソースコードを書き込んで下さい。これにより、ウィキデータ以外の姉妹プロジェクトで「Twinkle global」が動作します。

乱用[編集]

Twinkleを使用した編集は全て自己責任です。日本語版ウィキペディアの方針・ガイドラインを理解し、それらの方針の許容範囲内でこのツールを使用しなければ、アカウントが投稿ブロックされます。Twinkleなどの荒らし対策ツールを使用する場合は、適切な使用をして下さい。

バグの報告[編集]

Twinkleは現在開発中であり、バグを迅速に修正する様にしています。もしバグを発見したら、GitHub repositoryにて報告をお願いします(GitHubアカウントが必要)。GitHubアカウントを作成したくない場合や、Twinkleに追加できる新機能のリクエストがある場合は、英語版で質問することができます。