HOMESICK

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
HOMESICK
監督 廣原暁
脚本 廣原暁
製作 天野真弓
出演者 郭智博
音楽 トクマルシューゴ
撮影 下川龍一
編集 石井沙貴
製作会社 PFFパートナーズ
配給 マジックアワー
公開 2013年8月10日
上映時間 98分
製作国 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

HOMESICK』(ホームシック)は、2013年の日本映画である。第22回PFFスカラシップ作品[1]

監督は廣原暁[2]。主演は郭智博[3]。音楽はトクマルシューゴ[4]

ストーリー[編集]

30歳の沢北健二(郭智博)は、父も母も妹もそれぞれ出て行った一軒家に一人で暮らしていた。夏のある日、彼は仕事を失ってしまう。市街地再開発のために取り壊される予定の家に、明け渡し期限後も留まり続けている。やがて、ころ助(金田悠希)とヤタロー(舩崎飛翼)とオッチ(本間翔)という男子小学生との交流が始まる。

キャスト[編集]

  • 郭智博 - 沢北健二
  • 金田悠希 - ころ助
  • 舩崎飛翼 - ヤタロー
  • 本間翔 - オッチ
  • 奥田恵梨華 - 村山のぞみ

上映[編集]

2012年9月27日、第34回ぴあフィルムフェスティバルで上映された[5]

評価[編集]

本作は蓮實重彦岩井俊二から称賛されたほか[6]東京藝術大学大学院時代の師である黒沢清からは「非常にユニークな青春映画の傑作」との評価を受けた[7]

脚注[編集]

外部リンク[編集]