HELLP症候群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

HELLP症候群(へるぷしょうこうぐん、: HELLP syndrome)は、妊娠後期または分娩時に生じる母体の生命の危険に伴う一連の症候を示す状態。

3大徴候の英語の頭文字を取って名付けられている。

  • Hemolytic anemia(溶血性貧血)
  • Elevated Liver enzymes(肝逸脱酵素上昇)
  • Low Platelet count(血小板低下)

病態[編集]

臨床像[編集]

妊娠高血圧症候群に伴うことが多い。また、その後に子癇を発症する場合も多い。

一般的な症状としては、頭痛(30%)、視力障害、不快感(90%)と、吐気や嘔吐(30%)と、上腹部の痛み(65%)等を呈する。こういった症状を呈してきた場合、緊急に血液検査を行って診断をつけることが重要である。

対処[編集]

HELLP症候群が認められた場合、緊急に急遂分娩または帝王切開によるターミネーション(妊娠継続の終了)に移る。