HAL バンガロール空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
HALバンガロール空港
HAL Airport
Hindustan Airport
IATA: noneICAO: VOBG
概要
空港種別 民間
運営者
所在地 バンガロール
標高 2,912 ft / 888 m
座標 北緯12度57分0秒 東経77度40分6秒 / 北緯12.95000度 東経77.66833度 / 12.95000; 77.66833座標: 北緯12度57分0秒 東経77度40分6秒 / 北緯12.95000度 東経77.66833度 / 12.95000; 77.66833
ウェブサイト http://aai.aero
滑走路
方向 全長 表面
ft m
09/27 10,850 3,307 舗装

HAL バンガロール空港(HAL バンガロールくうこう、HAL Bangalore Airport )は、インドカルナータカ州バンガロールにある空港。運営母体のヒンドスタン航空機(Hindustan Aeronautics Limited, HAL)の頭文字がつけられている。

かつてはバンガロール国際空港(Bangalore International Airport)として機能しており、2006年の年間乗降客数は750万人とされ、一日平均300回の発着数があった。旅客や貨物のための空港機能と、軍やHAL社の軍用機試験のための空港という機能が共存していたため、民間機の発着数を増やすのに限界があり、長年HAL社と州政府の間で論争が続いていた。結局1990年代に民間専用の新空港を作ることになり、2008年5月に新空港・ベンガルール国際空港が開業したのに伴い、HAL バンガロール空港はHAL社の専用空港として使われている。

外部リンク[編集]