GiNaC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
GiNaC
開発元 クリスティアン・バウアー (Christian Bauer), アレクサンダー・フリンク (Alexander Frink), リチャード・クレッケル (Richard B. Kreckel) ら
最新版 1.5.3 / 2009年07月30日(4年前) (2009-07-30
プログラミング言語 C++
対応OS クロスプラットフォーム
種別 ライブラリ (数式処理)
ライセンス GPL
公式サイト http://www.ginac.de/
テンプレートを表示

GiNaCとは、GPLのもとでリリースされているフリー数式処理のためのC++ライブラリである。名称は、GiNacは数式処理システムではないGiNaC is Not a Computer Algebra System)の再帰的頭字語である。この事実と異なる名称は、GNUプロジェクトをさりげなく言及している。ファインマン・ダイアグラムを計算するためのソフトウェアである xloops から利用でき、Maple の代替となることを目的に開発されているが、特に高エネルギー物理学に特化したものではない、としている。

他のほとんどの数式処理システムと異なり、GiNaCはユーザーインタフェースのための高レベルインタフェースを提供しない。この点はどちらかというと、利用者がGiNaCの実装言語であるC++言語で、記号アルゴリズムを直接記述することを促している。代数構文は、C++オペレータのオーバーロードによって実現される。

外部リンク[編集]