GE U25C形ディーゼル機関車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
GE U25C
バーリントン・ノーザン鉄道で使用されていたU25C
バーリントン・ノーザン鉄道で使用されていたU25C
基本情報
製造所 ゼネラル・エレクトリック
製造年 1963年 - 1965年
製造数 113両
主要諸元
軸配置 C-C
軌間 1,435 mm
動力伝達方式 電気式
機関 クーパー・ベッセマー FDL-16型
出力 2,500馬力 (1,860 kW)
テンプレートを表示

GE U25Cは、1963年9月から1965年12月の間にゼネラル・エレクトリック(GE)が製造した6動軸の電気式ディーゼル機関車である。革新的な設計が施され、アメリカのディーゼル機関車第2世代というべきU25Bを6動軸にしたものである。その設計コンセプトについてはU25Bの項目を参照されたい。

形態[編集]

外観は、U25Bと比較すると、台枠が若干長く、ショート・フードが若干短い。そのショート・フードは、すべての車両が運転室と同じ高さまであるロー・フード型である。ダイナミックブレーキを搭載した車両には、ロング・フード先端部のラジエターの下に抵抗器が見える。

3軸台車の各軸同士の軸距が異なるのは、モーターを3つ納めているためである(軸距の短い部分に1つ、長い部分に2つのモーターが入る)。

運転室前面窓は1枚であり、U25Bのように2枚窓で製造されたものはない。

のちに、一部の車両が試験的に2,750馬力に出力アップされ、それがU28Cに引き継がれた。

新製時の所有者[編集]

鉄道運営会社 両数
アトランティック・コースト・ライン鉄道 21
シカゴ・バーリントン・アンド・クインシー鉄道 6
ルイビル・アンド・ナッシュビル鉄道 18
レイク・スペリオール・アンド・イシュペミング鉄道 2
ノーザン・パシフィック鉄道 30
オロ・ダム・プロジェクト 10
ペンシルバニア鉄道 20

参考文献[編集]

関連項目[編集]