Frame Check Sequence

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Frame Check Sequence (フレームチェックシーケンス、以下FCSと略す)は通信プロトコルにおいてデータの誤り検出および訂正を行うため、フレーム内に付け加えられる特別なチェックサム符号のことである。

フレームを送り出すホストコンピュータはその各々のフレームのチェックサムを計算し、その結果をフレームに記載してから送出、フレームを受け取ったホストコンピュータは同じアルゴリズムでチェックサムを再計算、記載されているチェックサムと計算結果が同じかどうか突合せ、同一の場合、データは正常なものとして受託、異なった場合はデータは破損しているものとみなし破棄、送出したホストコンピュータに同じフレーム再送を要求する。CRCはFCSを計算する際によく用いられる。

イーサネットのフレーム、フレームの末端にFCSが存在する

FCSはイーサネットX.25HDLCフレームリレーなどデータリンク層の通信プロトコルで用いられる。