FTフォン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

FTフォンはフォーバルが2003年7月(先行販売含む)から販売している日本のIP電話サービス。サービス提供事業者は子会社のフォーバルテレコム

通信網はメディア社のサービスを使用。 全国一律3分7.5円(税別)の通話料金で、FTフォン同士の相互通話は無料(USEN方式と050FTフォン同士も無料)。国際電話は相手国により違う。米国へは1分2.5円(税別)。

利用インフラはUSENの光ファイバー及びNTTフレッツ(ADSLまたはBフレッツ)。 USENインフラを利用したサービスは光ファイバーの料金も含め一括で請求される。番号ポータビリティにより現在の電話番号をそのまま利用できる。提供地域が一部の都市部に限定されている。緊急通話用にNTT回線もしくは直収電話を一本残すことが義務付けられている。

フレッツを利用したサービスはプライマリー電話の基準を満たしていないため050番号を使用した、「FTフォン050スタイル」というサービスもある。

発売当初は、音声不通障害が何度か発生した。

その他[編集]

OEMにてフォーバルグループ以外にも提供している。

など

関連項目[編集]