FRIENDS (写真集)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

FRIENDS(ふれんず)シリーズは全5巻からなる豪華版の少女ヌード写真集である。各5,000円。また、ビデオも発売された。本項では写真集、ビデオの両方を扱う。

写真集の概要[編集]

写真家力武靖と、そのパトロンとも言うべきロリコンショップペペ代表の田中一雄によって企画されたもので、児童エロチカ芸術的なヌードの両立をコンセプトとした試みを行った。具体的には、単なる少女エロティシズムを追求するのではなく、構図や色彩など美術的観点からも満足のゆくポートレートを目指し、児童エロチカというよりもナチュリスト写真集の作りに近いとも言える。その上で完全無修正とするほか、画質や印刷の具合などにも拘りを見せるものとなった。

「FRIENDS」シリーズの5,000円は高額であるが、豪華版としての装丁を施し、表紙にも硬質の厚紙を用い、更にカバーと帯を付けた。いずれもペアヌードもしくは集団ヌード作品であり、モデルも既存の写真集では起用しなかった新規の少女および少年を採用した。「FRIENDS」シリーズでモデルは10人に及ぶが、このうちの8人が複数の写真集を出すこととなり、また、力武の作品を代表するモデルとなっていく西村理香三浦佳代子が含まれることから、このシリーズが彼の写真家活動においても特別な位置付けにあったことが窺える。

販売はスーパーバイザーでありビデオ版の製作者でもある田中一雄の経営するロリコンショップ・ペペのみの独占販売とされ、同店の看板商品となっていた。

なお、「FRIENDS」シリーズではモデルは全て下の名前だけが表記されていた。

ビデオの概要[編集]

「FRIENDS」シリーズの発売以前にもロリコンショップ・ペペでは力武靖の手による少女ヌード写真集の関連ビデオを独占的に販売していたが、これらは主にそれらの写真集のメイキングビデオという位置付けであり、撮影風景を収録したものが殆どであった。

一方、「FRIENDS」シリーズのビデオは写真集と並行して撮影された、写真集と同じテーマを持った別作品であり、30分間の本編と5分間のメイキングで構成された。本編は単なるメイキングではなく一定のシナリオを以って構成され、声こそ無いものの、それなりに物語性のある映像作品として制作された。かつて清岡純子が、写真集と並行してロリータビデオを制作していたことがあるが、あれらの作品に類するものと言える。こうした結果、性的な魅力を引出す過程を撮影したほかのメイキングビデオシリーズとは異なり、写真集と同様にナチュリストビデオ作品を思わせる作りになっている。

写真集は原則として陰裂には修正が施されたが、メイキングビデオは無修正でリリースされ、それがペペの「売り」にもなっていた。「FRIENDS」シリーズのビデオもまた完全無修正を貫いたものとなっている。

各巻の内容[編集]

FRIENDS なかよしこよし[編集]

1994年発行。モデルは久美真美
「FRIENDS」シリーズの第1作目。格調の高さを強調すべく、モノクロームの写真を織り交ぜるなど、それまでの力武作品との差別化が随所に見られる。
とはいえ、児童エロチカの世界において、モノクローム写真を採用することでより芸術性を出そうという試みはこれまでにも国内海外を問わず行われたきたものであり、特に目新しいものではない。しかし、本作の撮影に到るまでに、力武の撮影機材は相当に潤沢なレベルへと到達していたこともあり、既存のそうした作品と比べても、画質面において上回っているといえる。
モデルの天本久美新井真美は、ともに本作がデビューであったが、両者ともモデル活動を続けた。
なお、この時点ではまだ全5巻になるという発表はされなかった。

FRIENDS II 楽園ものがたり[編集]

1995年発行。モデルは智子千春。オールカラー。
森の中の水辺で戯れる少女が全体を通してのテーマとなっている。
第1巻に同じく、モデルの島澤智子倉嶋千春は、ともに本作がデビュー。モノクロームといった小手先の技を排した故か、作品としての評価はこちらを高いとされ、より好調な売れ行きを見せた。なお、千春は本作のみでの活躍に終った。

FRIENDS III おさななじみ[編集]

1995年発行。モデルははるか健太郎。オールカラー。
初恋がテーマ。帯では「これが限界」と詠っており、国内唯一の中学生少年少女によるペアヌードである。
お互いに相手の身体や下着クレヨンで絵を描くボディペインティングを行った後、その下着を飾ったキャンバスを挟んで全裸で立ち、身体に描かれた絵を披露する展覧会のような場面を置く。更にその落書きをお互いに消し合い、全裸のままで2人揃って昼寝をする。
無修正ではあるが、健太郎は常に性器を隠すポーズ、もしくは写り込まない構図となっている。
性に多感な年頃ということも考慮され、撮影には多くの技巧が駆使された。
販売市場が限定されていることに加え、多くの少女愛者には少年の存在は受け入れがたかったらしく、最終的には完売はしたものの、児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律施行直前まで在庫を抱えるに到った。

FRIENDS IV よりみち[編集]

1996年発行。モデルは理香佳代子。オールカラー。
モデルの西村理香は力武作品のみならず少女ヌード写真集の代名詞的存在ともなる少女であり、また、三浦佳代子も力武作品の代表的なモデルの1人へとなっていく、まさに美少女中の美少女を揃えたペアヌード。
児童エロチカとしての過激さこそ少ないものの、そうしたモデルのルックスや体型が大きな評判を呼び、「FRIENDS」シリーズ一の大ヒット作となった。全5巻中でも最も早く完売したタイトルである。

FRIENDS V 六人の天使たち[編集]

1996年発行。モデルは理香佳代子智子真美弥生厚子。オールカラー。
「FRIENDS」シリーズ最終巻。それ故か、年齢幅のある6人の少女を揃えた贅沢な作りをしている。
6人とも衣装を揃え、公立中学の合唱隊を思わせる服やスクール水着を纏い、公園で休日を過ごすといった雰囲気をテーマとしている。

関連項目[編集]