ジェニー達の肖像

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ジェニー達の肖像(ジェニーたちのしょうぞう、Portraits of 'Jennie')は写真家力武靖による少女ヌード作品の集大成として、これらの作品を禁ずることとなる児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律施行に先だって1998年に出版された全7巻の写真集である。全巻オールカラー、各160ページ。

写真集の概要[編集]

それまでに出版された写真集、モデルの全てを収録しているわけではないが、全巻で約200人にのぼる少女モデルをまとめており、雑誌の形態をとっていた清岡純子の「プチトマト」などを除けば屈指の数を揃えたものといえる[要出典]。なお、収録されている写真は、必ずしも過去に発表されたものとは限らず、中には諸事情から出版に到らなかった作品も存在する[要出典]。これについては力武靖のモデル児童に対する権利優先主義を参照。

それぞれの巻は一部の例外を除いて撮影時のモデルの年齢別でまとめられており、第1巻が10歳~11歳、第2巻が12歳、第3巻が12歳~13歳、第4巻は13歳~14歳、第5巻と第6巻は14歳、第7巻は15歳17歳となっている。これはおおよそ、第1巻が小学5年生、第2巻が小学6年生、第3巻が中学1年生、第4巻が中学2年生、第5巻と第6巻が中学3年生、第7巻が高校生といった具合に見ることができる。小森亜紀子(14歳)、天本久美(13歳)は第1巻に収録されているが、これは出典がそれぞれ妹の小森裕子(10歳)、天本留美(11歳)とのペアヌードによる作品であったことによるものである。

法規制による禁止に対して、諸作品の保存を主眼においたものであり、それまでの力武の写真集にあったようなカラー写真の表紙を排し、全てに傷みにくい中性紙を採用するなどの拘りを見せた。ロリコンショップペペによる独占販売であり、各12,000円、7巻セットでは70,000円、発行後しばらくしてからは、よりどり3巻30,000円でも販売された。

購買者の反応[編集]

前述のようにひじょうに高価なものであったが、法施行に伴うペペのリニューアル前には既に完売に到った[要出典]。しかし、最高年齢である第7巻は比較的あとまで残る傾向も見られた[要出典]。力武は法施行後に「ファンは実年齢よりもその少女性やワレメが重要であると考えているので、法律による悩みはそれほどではなかった」と述懐しているが、当時の市場動向を踏まえると、力武が実際にそのように考えていたか如何に関わらず、必ずしも彼の顧客はそうした点に重きを置いていたとは言いがたい[要出典]

この現象は、第7巻が高校生程度の年齢であることを思えば、「女子高生ロリータとは言えない」という読者の声をまさに具象化したものであったとも解釈できる[要出典]

また、14歳の写真をまとめたものは第4巻~第6巻の3冊を占めているが、単に力武作品のモデルがその年代に集中していたことに留まらず、当時コアマガジンか発行されていたロリコン向け隔月刊誌「アリスクラブ」でも、読者アンケートの結果としてこの年齢が最も人気があったとされたが[要出典]、こうしたニーズを考慮したものとも考えられ[要出典]、力武のコメントには疑問も残ると思われる[要出典]

タイトルの由来[編集]

ジェニー達の肖像というタイトルは、ロバート・ネイサン1894年 - 1958年)の著作である『ジェニーの肖像』(原題:Portrait of Jennie)に由来する[要出典]。主人公である画家イーベンは少女ジェニーと出会い、彼女のスケッチを描く。しかし時は訪れ、彼女は彼のもとから去ってしまう。彼女を描いたスケッチだけが残される。

「ジェニー達」とは即ち、これまで力武が出会ってきた無数の少女たちのことである[要出典]。本作は児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律施行に伴い、二度と出会うことのなく消え去ってゆく少女たちの姿を収めた無数のスケッチ帳という意味を込めたものであることを詠っていると言え[要出典]、感傷的な力武の心情を物語っているともいえる[要出典]

収録一覧[編集]

以下の年齢は全て「ジェニー達の肖像」において記載されているものである。なお、出典作品とは表記されている年齢に違いの見られるものもあるという点を付記しておく。順にモデル名前、年齢、出典初版の発行年月、出典著書名。モデルは各巻における収録順で、同巻内での重複は一つにまとめた。

ジェニー達の肖像1[編集]

10歳、1996年3月、「星と月に託して」
10歳、1995年12月、「仲良くしてね」
14歳、1995年12月、「仲良くしてね」
10歳、1996年4月、「急がないでね」
10歳、1995年7月、「思い出の滴たち」
10歳、1995年7月、「思い出の滴たち」
11歳、1995年7月、「思い出の滴たち」
11歳、1996年2月、「樫の木の下で」
13歳、1996年2月、「樫の木の下で」
11歳、1996年、「きっと誓うから」
11歳、1997年、「そっと小指で」
11歳、1997年3月、「エメラルド001」
11歳、1997年3月、「エメラルド001」
11歳、未発表、「ボーイ?」
11歳、未発表、「ニューフェース」
11歳、未発表、「ニューフェース」
11歳、1997年11月1日、「Six Years」

ジェニー達の肖像2[編集]

12歳、1991年4月、「いつか君と」
12歳、1991年9月、「いつか君とⅡ」
12歳、1992年12月、「独りにしないで」
12歳、1993年8月、「時が戻せたなら」
12歳、1994年4月、「何でもないよ」
12歳、1994年5月、「よそ見はしないで」
12歳、1995年2月、「とまどいの中で」
12歳、1995年10月、「だけどいいよ」
12歳、1996年3月、「夢のドアを叩いて」
12歳、1996年2月、「吐息を運んで」
12歳、1996年7月/未発表、「ちょっとだけよ」
12歳、1996年、「逢えない時は」
12歳、1996年、「逢えない時は」
12歳、1996年、「心を着替えて」
12歳、1997年、「風の中、空の下で」
12歳、1997年2月、「ルビー001」
12歳、未発表、「この星のどこかで」
12歳、1997年7月、「ターザン」
12歳、未発表、「ニューフェース」
12歳、未発表、「ニューフェース」
12歳、未発表、「ニューフェース」

ジェニー達の肖像3[編集]

12歳、未発表、「ニューフェース」
12歳、未発表、「ニューフェース」
13歳、未発表、「ニューフェース」
12歳、未発表、「恋人未満」
13歳、未発表、「恋人未満」
13歳、1991年6月、「夢で逢えたら」
13歳、1991年3月、「いたいけな瞳」
13歳、1993年4月、「いたいけな瞳Ⅱ」
13歳、1991年1月、「高橋千絵13歳」
13歳、1991年2月、「見せてあげる」
13歳、1991年1月、「秘密の恋人」
13歳、1992年4月、「夢を信じて」
13歳、1988年11月、「秘密の迷宮」
13歳、1993年9月、「いつか君とⅢ」
13歳、1993年12月、「視線の香り」
13歳、1994年3月、「いつまでもそのままで」
13歳、1994年5月、「青空がある限り」
13歳、1994年8月、「迎えにきてね」
13歳、1994年11月、「ちゃんと教えて」
13歳、1994年12月、「夏への扉」
13歳、1995年3月、「今日だけの本当」
13歳、1995年6月、「もしも一度だけ」

ジェニー達の肖像4[編集]

13歳、1996年、「虹を見たかい」
13歳、1996年、「思い出に手を振って」
13歳、1996年、「遠くに思える夜も」
13歳、1996年、「名もない時を抜けて」
13歳、1996年、「見返り少女」
13歳、1996年、「もっと見つめて」
13歳、1995年9月、「ピクニック」
13歳、1995年9月、「ピクニック」
14歳、1995年9月、「ピクニック」
13歳、1995年11月、「まぶしい程に」
13歳、1995年8月、「今は遠くても」
13歳、1997年、「一つの時の二つの夢」
14歳、1997年、「一つの時の二つの夢」
13歳、1997年6月、「サファイア001」
13歳、1997年、「ルビー002」
13歳、未発表、「美少女解剖図鑑」
13歳、未発表
13歳、未発表
13歳、未発表、「ニューフェース」
13歳~14歳、1997年11月1日、「Six Years」

ジェニー達の肖像5[編集]

14歳、未発表、「ニューフェース」
14歳、1989年、「野中ミホ14歳」
14歳、1989年、「浅野エリ14歳」
14歳、「微熱の季節」
14歳、「午後のミルク時間」
14歳、「果実物語」
14歳、1992年1月、「14歳の誘惑」
14歳、1991年11月、「甘い躾糸」
14歳、「夢のつづき」
14歳、1992年3月、「柔らかな宝石」
14歳、1992年5月、「心の中で」
14歳、1992年6月、「ここにおいで…」
14歳、1992年8月、「ふたりの約束」
14歳、1992年8月、「ふたりの約束」
14歳、1992年9月、「今は言わないで」
14歳、1992年10月、「ちょっと待ってて」
14歳、1993年6月、「篠原茜14歳」
14歳、1992年11月、「いつか何処かで」
14歳、1993年1月、「杉山いずみ14歳」
14歳、1992年12月、「夢の谷間で」
14歳、1993年、「中村麻奈美14歳」
14歳、1993年3月、「そっと優しく」
14歳、1993年5月、「いつも一緒に」
14歳、1993年7月、「月が昇る前に」
14歳、1993年8月、「このままずっと」
14歳、1993年9月、「忘れないでね」
14歳、1993年10月、「想いのままに」
14歳、1993年10月、「雨に咲く白い花」
14歳、1993年11月、「温かな輪郭」
14歳、1993年11月、「夢に還って」
14歳、1994年1月、「はなれていても」
14歳、1994年1月、「いつか夢みて」

ジェニー達の肖像6[編集]

14歳、1994年2月、「あなただけに」
14歳、1995年4月、「あの日の秘密」
14歳、1994年2月、「夢の彼方で」
14歳、1994年4月、「許してあげる」
14歳、1994年5月、「瞳に映して」
14歳、1994年4月、「いたずらな天使」
14歳、1994年7月、「ひとりぽっちの夏休み」
14歳、1994年8月、「時の隙間で」
14歳、1994年9月、「風に抱かれて」
14歳、1994年10月、「午後の光の中で」
14歳、1995年1月、「願いをこめて」
14歳、1994年11月、「いけない約束」
14歳、1995年3月、「静かな温もり」
14歳、1994年11月、「夢より素敵な」
14歳、1994年11月、「夢より素敵な」
14歳、1995年1月、「胸の奥まで」
14歳、1995年9月、「好きだから」
14歳、1995年8月、「夢心地」
14歳、1995年6月、「せせらぎに揺られて」
14歳、1995年11月、「一秒の中の永遠」
14歳、1995年6月、「誰よりも深く」
14歳、1995年12月、「すり抜ける風に」
14歳、1995年1月、「新しい季節に」
14歳、1997年、「すべては夢の中に」
14歳、未発表、「ニューフェース」
14歳、未発表、「ニューフェース」
14歳、未発表、「サバイバル」
14歳、未発表、「サバイバル」
14歳、未発表、「ニューフェース」

ジェニー達の肖像7[編集]

15歳、未発表、「ニューフェース」
15歳、1990年12月、「いたずらな妖精」
15歳、1991年5月、「一人遊びの午後」
15歳、1996年、「限りなく響かせて」
16歳、1994年3月、「そっと優しくⅡ」
16歳、1992年2月、「いつか会えたら」
16歳、1992年8月、「いつか会えたらⅡ」
16歳、1993年2月、「いつかふたりで」
16歳、未発表、「ニューフェース」
16歳、1996年3月、「はずむ想いに」
16歳、1994年12月、「誰も知らない場所で」
16歳、未発表、「ニューフェース」
16歳、未発表
15歳~16歳、1997年11月1日、「Six Years」
16歳、未発表、「ニューフェース」
16歳、未発表
16歳、未発表、「ニューフェース」
16歳、未発表、「ニューフェース」

関連項目[編集]