FIGHT

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
FIGHT
関ジャニ∞スタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP演歌・歌謡曲
レーベル インペリアルレコード
チャート最高順位
ゴールドディスク
関ジャニ∞ 年表
8UPPERS
2010年
FIGHT
(2011年)
8EST
2012年
『FIGHT』収録のシングル
  1. T.W.L/イエローパンジーストリート
    リリース: 2011年4月20日
  2. マイホーム
    リリース: 2011年5月11日
  3. 365日家族
    リリース: 2011年6月8日
  4. ツブサニコイ
    リリース: 2011年8月17日
テンプレートを表示

FIGHT』(ファイト)は、関ジャニ∞の5枚目のオリジナルアルバム[注 1]2011年11月16日インペリアルレコードから発売された。

解説[編集]

シングルは5曲が収録され、「T.W.L」、「イエローパンジーストリート」にはブラスアレンジが入っている(ブラスアレンジは「モンじゃい・ビート」、「Fight for the Eight」、「フリーダム理論」にも施されている)。

1枚目のCDの収録曲は初回・通常ともに共通である。初回限定盤AのDVD特典は、アルバム収録曲1.の「モンじゃい・ビートのMusic Crip&Making+ユニフォームができるまで」を収録。初回限定盤BのDVD特典は、アルバム収録曲3.の「Fight for the EightのMusic Crip&Making+ユニット&ソロ曲レコーディング映像」を収録。

「モンじゃい・ビート」は中日ドラゴンズ大島洋平の登場曲として使用されていた(2012年〜2013年)。

チャート成績[編集]

収録曲[編集]

CD[編集]

Disc 1[編集]

  1. モンじゃい・ビート
  2. 宇宙に行ったライオン
  3. Fight for the Eight
    • 作詞・作曲・編曲:葉山拓亮、ブラスアレンジ:YOKAN
  4. T.W.L
    • 作詞・作曲:北川悠仁、編曲:野間康介、ブラスアレンジ:YOKAN
    • 16thシングルの1曲目
    • テレビ朝日系 アニメ「クレヨンしんちゃん」オープニング・テーマ
    表記はないがアルバムバージョンである。
  5. Fly High
  6. 365日家族
    • 作詞:田中花乃、作曲:谷口尚久、編曲:大西省吾
    • 18thシングル
    • 大倉忠義出演 TBS系「生まれる。」主題歌
  7. Dye D?
  8. Water Drop
  9. ツブサニコイ
    • 作詞:TAKESHI、作曲・編曲:Face 2 fAKE
    • 19thシングル
    • 錦戸亮主演 フジテレビ系「全開ガール」主題歌
  10. イエローパンジーストリート
    • 作詞・作曲:TAKESHI、編曲:久米康隆/TAKESHI、ブラスアレンジ:YOKAN
    • 16thシングルの2曲目
    • アニメ映画「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 黄金のスパイ大作戦」主題歌
  11. フリーダム理論
  12. 輝ける舞台へ
  13. マイホーム
    • 作詞・作曲:A.F.R.O、編曲:野間康介
    • 17thシングル
    • 錦戸亮主演 テレビ朝日系「犬を飼うということ〜スカイと我が家の180日〜」主題歌
  14. wander

Disc 2[編集]

※通常盤のみ

  1. スケアクロウ - 錦戸亮
    • 作詞・作曲:錦戸亮、編曲:野間康介
  2. 夜な夜な☆ヨーNIGHT - 村上信五/安田章大/大倉忠義
    • 作詞:村上信五/安田章大/大倉忠義、作曲:安田章大、編曲:久米康隆
  3. パンぱんだ - 横山裕/丸山隆平
  4. - 渋谷すばる
    • 作詞・作曲:渋谷すばる、編曲:高橋浩一郎、ブラスアレンジ:YOKAN

DVD[編集]

初回限定盤A

  1. モンじゃい・ビート Music Clip & Maling
  2. ユニフォームができるまで

初回限定盤B

  1. Fight for the Eight Music Clip & Making
  2. ユニット & ソロ曲レコーディング映像

封入特典[編集]

初回限定盤A

  • HOT FIGHT PHOTO BOOK (48P)

初回限定盤B

  • COOL FIGHT PHOTO BOOK (48P)

通常盤 ※初回プレス分のみ

  • BASEBALL ∞ CARD(7枚)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ミニアルバムである『感謝=∞』を含むと6枚目。
  2. ^ 後に九州男は3rdフルアルバム「1/f」でこの曲をセルフカバーしている。

出典[編集]