EITB

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エウスカル・イラティ・テレビスタ
Euskal Irrati Telebista
Eitb corp.png
形態 テレビ / ラジオ
スペインの旗 スペイン
バスク自治州ビスカヤ県ビルバオ
放送地域 バスク自治州
ナバーラ州
フランスの旗 ピレネー=アトランティック県

(受信可能):
ラ・リオハ州[1]
ブルゴス県[1]
カンタブリア州[1]
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国[2]
メキシコの旗 メキシコ[2]
アルゼンチンの旗 アルゼンチン
所有者 EiTBグループ
開局 1982年5月20日
系列 FORTA
公式サイト 公式サイト

エウスカル・イラティ・テレビスタバスク語: Euskal Irrati Telebista、バスク・ラジオ=テレビ)は、スペインバスク自治州の公共放送。略称はEITB。主要なブランドにエウスカル・テレビスタ(Euskal Telebista、バスク・テレビ, 略称はETB)がある。

EITBは5チャンネルのテレビ局と5チャンネルのラジオ局を持つ、バスク自治州最大のメディアグループである。テレビチャンネルはナバーラ州でも放送され、近隣のブルゴス県カスティーリャ・イ・レオン州)、カンタブリア州ウエスカ県サラゴサ県アラゴン州)、ラ・リオハ州、フランスのピレネー=アトランティック県でも信号を得ることができる。1982年から放送を続けており、今日では100万人/日以上が視聴している。EITBの放送の大半は地元のニュースや娯楽番組である。EITBグループには5チャンネルを持つラジオ局もあり、30万人/日以上の聴取者がいる。

歴史[編集]

1982年5月20日、バスク自治州議会は全会一致でEITB設立に関する法律を承認し、11月23日にはラジオ局が放送を開始した。12月31日深夜、バスク自治州政府首班(レンダカリ)のカルロス・ガライコエチェアによる発表でテレビ局の放送(ETB 1)がバスク地方の世帯に達し、1983年2月16日に番組が正式化されたが、当時はバスク語単独での放送であり、イウレタにあるETBセンターで働いていたのはわずか30人だった。1986年5月31日にはETB 2がスペイン語での放送を開始し、その後さらに2つの国際チャンネルが増加した。

Sogecable とEITBが合意に達した2001年5月以降、ヨーロッパの8,700万世帯がアストラ衛星からETB Satを受信することができる。EITBの第4のチャンネルであるカナル・バスコは、明確にアメリカ大陸を対象とした媒体であり、アメリカ大陸のDTH[3]やケーブル会社を通じて視聴者に達する。地上デジタルテレビ放送の実装に続き、バスク自治州政府はEITBに対して新たなデジタルテレビチャンネルの設立を許可した[4]。まずETB 3は2008年10月に放送を開始し[5]、子どもや若者に対してバスク語の番組を提供した。次にETB 4は二言語によるニュースチャンネルとしての放送が計画されたが、後にスポーツチャンネルに変更された[6][7]

チャンネル[編集]

テレビ[編集]

  • ETB 1 – バスク語による一般向けチャンネル
  • ETB 2 – スペイン語による一般向けチャンネル
  • ETB 3 - バスク語による若者向けチャンネル
  • ETB 4 – 計画中
  • ETB Sat – バスク語とスペイン語による、スペインの他地域・フランスヨーロッパ向けの国際チャンネル
  • カナル・バスコ – バスク語とスペイン語による、ラテンアメリカ向けの国際チャンネル

ラジオ[編集]

  • エウスカディ・イラティア – バスク語によるニュース/トーク番組
  • ラジオ・エウスカディ – スペイン語によるニュース/トーク番組
  • ラジオ・ビトリア - スペイン語によるビトリア=ガステイス向けのニュース/トーク番組
  • エウスカディ・ガステア – バスク語による若者向けの音楽番組
  • EITBイラティア – バスク語とスペイン語による文化/ソフト音楽番組

脚注[編集]

外部リンク[編集]

  • 公式サイト (バスク語) (スペイン語) (英語) (フランス語)