EC-CUBE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
EC-CUBE
開発元 株式会社ロックオン → 株式会社イーシーキューブ(2019年1月 - )
最新版 4.0.2 / 2019年2月27日(4か月前) (2019-02-27[1]
対応OS クロスプラットフォーム
種別 CMS
ライセンス GPL or 商用ライセンス
公式サイト EC-CUBE
テンプレートを表示
株式会社イーシーキューブ
EC-CUBE CO.,LTD.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
530-0001
大阪府大阪市北区梅田2-4-9
ブリーゼタワー13F
設立 2018年10月1日
業種 情報・通信業
法人番号 1120001216342
事業内容 ECオープンプラットフォームの開発・提供等
代表者 代表取締役 岩田進
資本金 3,000万円
発行済株式総数 1,000株
決算期 9月30日
主要株主 株式会社ロックオン 100%
外部リンク https://www.ec-cube.co.jp/
テンプレートを表示

EC-CUBE(イーシーキューブ)は、株式会社イーシーキューブEC-CUBE CO.,LTD.)が開発するオープンソースEC向けコンテンツ管理システムである。

歴史[編集]

株式会社ロックオンが開発してきたECサイト構築システムECKitを元に、2006年9月1日にオープンソースとして公開(デュアルライセンスの採用により、GPLの他、商用ライセンスも選択可能)。同社(2019年1月以降は完全子会社の株式会社イーシーキューブ[2])を主導として開発が続けられている。

2019年2月26日にはEC-CUBEのSaaS版となるクラウドECプラットフォーム「ec-cube.co」がリリースされた[3][4]

特徴[編集]

  • 主に日本国内で開発されている、ECサイト構築用プログラム。海外で開発され、日本語化されたソフトと比較すると、自然な日本語表記になっている。開発コミュニティ公式マニュアルサイトなども日本語で提供されている。
  • osCommerceZen Cartと比較すると機能は少ない[要出典]。しかし、ドラッグ&ドロップによるレイアウト編集など独特な機能もある。また、日本の主要携帯電話キャリアに対応したページ生成機能を実装している。
  • 日本語文字コードはUTF-8をデフォルトでサポートしている。
  • ホスティングサーバへのインストールに際しては、ディレクトリやファイルに対するパーミッション設定を丁寧に行う必要がある。(コミュニティ版には、パーミッションの自動設定を行うプログラムが付属する。)
  • 携帯電話向けのページが自動で生成される。携帯電話からアクセスすると自動的に携帯電話向けのページに転送される。2.11系からは、スマートフォンにも対応している。
  • 2.11系は詳細な仕様が存在せず、コード品質のばらつきや実装予定で中断している箇所等が多く見受けられるため、カスタマイズを行う場合は情報収集や推測、ある程度の割り切りを要する。

動作環境[編集]

スクリプト言語

  • PHP 7.1 〜
    • 必須PHPライブラリ
      • pgsql / mysqli (利用するデータベースに合わせること)
      • pdo_pgsql / pdo_mysql / pdo_sqlite (利用するデータベースに合わせること)
      • pdo
      • phar
      • mbstring
      • zlib
      • ctype
      • session
      • JSON
      • xml
      • libxml
      • OpenSSL
      • zip
      • cURL
      • fileinfo
      • intl
    • 推奨PHPライブラリ(決済モジュール等で使用)
      • hash
      • APCu / WinCache(利用する環境に合わせること)
      • Zend OPcache

Webサーバ

データベース

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]