Dylan

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

Dylan は(ディラン)、プログラミング言語の一種。アップルコンピュータが次世代プログラミング言語を目指し、オブジェクト指向関数型言語動的言語データ抽象化/隠蔽などを取り入れて開発した言語。名称の由来は「動的言語」を意味する英語の「dynamic language」から。

アップルコンピュータ社で LISPCLOS 等を担当していたチームが設計にあたり、そのため CLOS の影響を色濃く受け継いでいる。

当初「Ralphラルフ」という開発コード名で呼ばれ、アップル・ニュートンに搭載する予定で開発されていたが、想定しているプログラミングの動的化や、それに付随するガベージコレクション機能等を実現する為には多大な処理能力が必要とされ、ニュートンに搭載する予定のチップでは実現できないことが解り、ニュートンには NewtonScriptニュートンスクリプト が搭載される事となり、Dylan は採用されなかった。

後に、開発者向けに「Apple Dylan Technology Release 1アップル・ディラン・テクノロジー・リリース・ワン」として販売したが、アップルコンピュータの組織再編とともにプロジェクトは解散した。

Dylan は、汎用コンピュータ言語となるために、言語仕様の根幹の部分を「Standard Dylanスタンダード・ディラン」(標準 Dylan)、アップルコンピュータが拡張した部分を「Apple Dylan Language Extensionsアップル・ディラン・ランゲージ・エクステンションズ」(アップルディラン言語拡張)として分離していた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]