Dead Space 2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Dead Space 2
ジャンル サード・パーソン・シューティング
対応機種 プレイステーション3Xbox 360Windows
開発元 Visceral Games
発売元 エレクトロニック・アーツ
シリーズ Dead Space
人数 1人
発売日 2011年1月25日[1]
対象年齢 ESRBM(17歳以上)
テンプレートを表示

『Dead Space 2』(デッド・スペースツー)は2011年1月25日[2]エレクトロニック・アーツから発売されたSFサバイバルホラーTPS(サード・パーソン・シューティング)。2008年に発売された『DEAD SPACE』の続編となる。

概要[編集]

前作『Dead Space』はその完成度の高さや斬新なゲームシステムから、発売直後からゲーム関連の賞を100近く受賞するなどし、海外メディアなどでは「『バイオハザードシリーズ』に代わる新たなフランチャイズの幕開け」とも評された[3]

ネット上では開発スタッフの求人情報などにも敏感に反応[4]する状況となっていたが、2009年12月7日にエレクトロニック・アーツから正式に開発が発表された[5]

PS3版の『Collector’s Edition』と『Limited Edition』(初回限定版)には特典としてHDリメイク版の『Dead Space Extraction』が収録されている(通常版には体験版が収録)。

2013年には続編である『Dead Space 3』が北米、欧州で発売された。

ストーリー[編集]

西暦2511年(前作から3年後)、土星衛星タイタンに位置する巨大宇宙ステーション、通称「スプロール」(Sprawl)が舞台。謎の怪物、ネクロモーフの感染が広まった「スプロール」の中、前作で危機を乗り越え生還したアイザック・クラーク(Issac Clarke)は再び3年前の悪夢のような事件に巻き込まれることとなる[6]

登場人物[編集]

アイザック・クラーク(Isaac Clarke)
声:ガンナー・ライト(Gunner Wright)
主人公。巨大企業Concordance Extraction Corporation(CEC)所属のシステムエンジニアで、前作の主人公でもある。
3年前起こったUSGイシムラ事件の唯一の生存者である。宇宙を漂流していた中救助され命は取り留めたものの、当時の惨事によって重度のPTSDを患い、またレッドマーカーによる幻覚に苛まれていたために「スプロール」の精神病棟に隔離されていた。前作のエンディングでイージス7から脱出した後の3年間の記憶を全て失っており、冒頭ではネクロモーフ発生の混乱に乗じて病棟から脱出することになる。脱出後はなぜか「スプロール」当局からも命を狙われることに。今回は自身の生存ではなく、ネクロモーフ発生の元凶であるマーカーを破壊するために死闘を繰り広げる。特異な認知障害にかかっており、これによっていずれは命を落とすとダイナに伝えられる[7]
前作では唸り声と断末魔しか発することはなかったが、今作は台詞や性格も用意されている。また、風貌は今回アイザックの声を演じるガンナー・ライトに似せたものに変更されている。
ダイナ・ル=グウィン(Daina Le Guin)
声:ターニャ・トッティ(Tahyna Tozzi)
昏睡状態から目覚めたアイザックに通信する女性。アイザックの罹った認知症の治療ができると言い、彼のスプロールからの脱出を手引きする。
ノーラン・ストロス(Nolan Stross)
声:カート・コニーリウス(Curt Cornelius)
アニメ『Aftermath』の主要登場人物の1人であり、アイザックと同じく「スプロール」の精神病棟に隔離されていた人物。作中では語られないが、1作目の事件後、破壊されたマーカーの残骸を回収すべく崩壊寸前のイージス7に送り込まれた調査隊の研究員であった。マーカーの欠片を回収することには成功するが、帰路マーカーの影響で錯乱し妻と息子を殺害。調査隊も彼が図らずも招いたネクロモーフの発生によって全滅した。アイザック同様マーカーの影響をうけており情緒不安定で、妻や息子と思しき幻影に操られる。マーカーを破壊する術を知っているらしく、これを聞き出すためアイザックは彼を守ることになる。
エリー・ラングフォード(Ellie Langford)
声:ソニタ・ヘンリー(Sonita Henry)
CEC所属の建設機械のパイロットで、スプロールで発生したネクロモーフ災害における唯一の生存者。アイザックと共にスプロールからの脱出を目指す。
フランコ・デリール(Franco Delille)
声: ?
技術士で、インタラクティブ・コミック『Ignition』の主人公でもある。昏睡状態のアイザックを起こし、脱出するよう促す。
フォスター・エドガース(Foster Edgars)
声: リック・クレーマー(Rick Cramer)
序章でアイザックに審問する医師。スプロールにてアイザックやノーランからマーカーについて情報を聞き出そうとしていた(序盤のチャプターでノーランに対して尋問する様子を撮影した映像が確認できる)が、スプロールがネクロモーフによって壊滅状態に陥った際、アイザックに対して脱出のための手助けをする。
ハンス・タイドマン(Hans Tiedemann)
声:レスター・ペリー(Lester Purry)
スプロールの最高指揮官。同コロニーに新たなマーカーを建造した責任者でもある。マーカーを破壊するためのコードを持つアイザックを始末すべく、様々な形で妨害を行う。
ニコル・ブレナン(Nicole Brennan)
声:タニア・クラーク(Tanya Clarke)
アイザックの恋人だった人物。医師としてUSGイシムラに乗船していたが、事件発生で船内の状況が絶望的になるなか、アイザックに最後の通信を発信した後で自殺した。今作ではマーカーの幻影としてしばしばアイザックの前に現れ、自分を見捨てたアイザックを苛む。

脚注[編集]

  1. ^ E3 2010: Dead Space 2 Coming January 25, 2011” (2010年6月14日). 2010年6月14日閲覧。(英語)
  2. ^ 北米、欧州などの地域において。日本での発売予定は発表されていない。
  3. ^ http://www.choke-point.com/?p=4084 Dead Space プレビュー
  4. ^ [1] Dead Space 2、数カ月内に開発開始か--開発スタジオの求人から明らかに
  5. ^ [2] 「DEAD SPACE 2」で宇宙の恐怖再び
  6. ^ [3] Dead Space 2 インタビュー
  7. ^ [4]公式ウェブサイト(英語)