dbx

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ラック中段に160XTリミッター/コンプレッサー

dbx, Inc.[編集]

1971年デヴィット・ブラックマー英語版マダガスカル語版(David E. Blackmar)によって設立された音響機器メーカーである[1]。dbxという社名は、創業者デヴィットのもつ Decibel Expansion というアイディアにちなんで命名された[1]。 主力製品として、プロ用コンプレッサーリミッター、マイクプリアンプ等シグナルプロセッサを製造する。

dbxノイズリダクション[編集]

アナログテープレコーダーなどにおいて、録音時に原信号の全信号レベルを一律に最大レベルに近付けさせる(最大レベルを 0db とすると、たとえば、-20db → -10db, -10db → -5db といったように。ダイナミックレンジの圧縮)変換を掛けて、再生時には逆に小さい信号ほど小さくする逆変換(さきほどの例の場合なら -5db → -10db, -10db → -20db といったように。ダイナミックレンジの伸長)を掛けることによる、ノイズリダクションの方式で業務用のtype1と民生用のtype2がある。

ドルビーノイズリダクションシステムなどと比べ、可聴域帯域幅のノイズを抑圧できるという特長がある。一方でドルビー方式であれば高域を下げるなどの簡易的な方法でも一応それらしく再生できるのに対し、dbx方式は対応機器以外では、200x年代後半に目立つようになってきたマスタリングのような「音圧を上げた」状態で再生する他ない、という弱点がある。また変換に必須である指数・対数変換回路英語版ヒンディー語版ロシア語版はアナログ時代には高価であった。

特許[編集]

  • US application 3681618, BLACKMER, DAVID E., "RMS CIRCUITS WITH BIPOLAR LOGARITHMIC CONVERTER", published 1972-08-01 
  • US application 3714462, BLACKMER, D, "MULTIPLIER CIRCUITS", published 1973-01-30 
  • US application 3789143, BLACKMER, D, "COMPANDER WITH CONTROL SIGNAL LOGARITHMICALLY RELATED TO THE INSTANTANEOUS RMS VALUE OF THE INPUT SIGNAL", published 1974-01-29 


関連項目[編集]

脚注 [編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Burgess 2014, p. 102.

参考文献[編集]

外部リンク[編集]