D.C.トーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

DCトーク (dc Talk) は、1980年代後半にアメリカ合衆国バージニア州にてトビー・マッキーハン、ケビン・マックス、マイケル・タイトによって結成されたクリスチャン・ロックバンド。90年代半ばにはクリスチャンミュージックの枠を超え、ポップ・ロックグループとして絶大な人気を得た。

バンドの結成はトビーがリバティ大学在学時代にケビンとマイケルに出会った時代にさかのぼる。 1989年にクリスチャン・ミュージックレーベル大手のフォアフロントレコードから初のアルバムをリリース。1990年には2ndアルバム「ニュー・サング」を発売。彼らの人気を決定付けたのは3rdアルバム「フリー・アット・ラスト」で、ポップラップロックが見事に調和した新感覚のサウンドと紳士的な歌詞、そしてクールなルックスが、女性を中心に日本でも注目を集めた。1992年にはバーズの楽曲で、ドゥービー・ブラザーズがカヴァーしたことでも知られる「ジーザス・イズ・オールライト」が日本のFMステーションで頻繁にパワープレイされた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]