ChaSen

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ChaSen
開発元 奈良先端科学技術大学院大学松本研究室
最新版
プログラミング
言語
C言語Perl
プラットフォーム クロスプラットフォーム
種別 形態素解析エンジン
ライセンス 修正BSD
公式サイト https://ja.osdn.net/projects/chasen-legacy/
テンプレートを表示

ChaSen茶筌)は、形態素解析ツールのひとつ。奈良先端科学技術大学院大学松本研究室で開発された。

ベースとなった形態素解析ツールは JUMAN であるが、統計的な手法を用いており、解析速度と使い勝手の向上を目指している。現在はIPA品詞体系を使用しており、JUMAN とはその方向性が異なっている。

開発元が所在する奈良県生駒市高山町では茶筌特産品であり、本ツールの名称はこの茶筌に由来する[1]

参考文献[編集]

  1. ^ ChaSen -- 形態素解析器”. 2013年1月27日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]