Cacti

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Cacti
Cacti3.png
Cacti (software) screenshot.png
開発元 The Cacti Group, Inc.
初版 2001年9月23日(14年前) (2001-09-23[1]
最新版 0.8.8g / 2016年2月21日(5か月前) (2016-02-21
プログラミング言語 PHP, MySQL
プラットフォーム クロスプラットフォーム
サポート状況 開発中
種別 ネットワーク監視
ライセンス GNU General Public License
公式サイト Cacti.net
テンプレートを表示

Cactiは、オープンソースで業界標準のデーターロギングツールRRDtoolのためのフロントエンドアプリケーションとして設計された、Webベースのネットワーク監視およびグラフ生成用の、オープンソースソフトウェアである。指定間隔でポーリングし、取得したデーターをグラフ化する機能があり、一般的にCPUの負荷やネットワーク帯域利用幅などの時系列データを測定するために使用される[2]。一般的な使用法としては、Simple Network Management Protocol (SNMP) を介したスイッチングハブまたはルーターのポーリングによるトラフィック量の監視がある。

フロントエンド側の処理で複数の利用者ごとに独自のグラフ設定で固有の処理を行えることから[2]、時折ホスティングサーバ業社[3](特に専用サーバー[4]バーチャル・プライベート・サーバ、自社回線保有プロバイダなど)が顧客の帯域幅の統計情報を表示している。RRDtool関連ソフトウェアの手動設定なしで監視できるように[5]、データ収集設定機能が利用できる。シェルスクリプトや実行ファイル経由で任意の対象を監視するように拡張できる[6]

小規模のインストールに適したPHPスクリプトである「cmd.php」か、C言語で組まれ数千ものホスト環境を拡張可能な「Spine」(旧Cactid)を選べる[7][8]

歴史[編集]

Cactiプロジェクトは2001年9月2日にイアン・ベリーによって開始された[9][10]。ベリーは、PHPとMySQLを学び、まだ高校生の間に、小規模ISPで働いている時にプロジェクトを始めた。彼がCactiを作った目的の中心は「RRDtoolよりも容易に使用でき、またMRTGよりも高い柔軟性を提供する」事だった[9]

脚注[編集]

  1. ^ Cacti - Browse / cacti / cacti-0.5”. SourceForge.net (2001年9月23日). 2012年3月16日閲覧。
  2. ^ a b Cacti - What is Cacti?”. The Cacti Group, Inc. 2012年3月16日閲覧。
  3. ^ Cacti Bandwidth Graphing”. 3DPixel Ltd.. 2012年3月16日閲覧。
  4. ^ Morley, Simon (2011年1月21日). “Cacti Server Monitoring”. Simon Morley. 2012年3月16日閲覧。
  5. ^ RedHat / CentOS Install and Configure Cacti Network Graphing Tool”. Linux Magazine (2012年1月12日). 2012年3月16日閲覧。
  6. ^ Cacti - Features”. The Cacti Group, Inc. 2012年3月16日閲覧。
  7. ^ Adams, Larry (2009年5月31日). “How to install poller cactid or spine on linux”. alinux.web.id. 2012年3月16日閲覧。
  8. ^ Cacti - Spine Information”. The Cacti Group, Inc. 2012年3月16日閲覧。
  9. ^ a b Goldman, George (2007年1月17日). “The network graphing solution Cacti was designed to provide more ease of use than RRDtool and more flexibility than MRTG”. ISP-Planet. 2012年3月16日閲覧。
  10. ^ Cacti”. SourceForge.net. 2012年3月16日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]