Cレーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
第二次世界大戦時に支給されたCレーション

Cレーション(英:C-ration)とは、アメリカ軍第二次世界大戦前の1938年から開発され、1945年にかけて製造、配給したレーション(戦闘糧食)である。

1961年から生産、支給された“Meal, Combat Individual”(個人用戦闘糧食)MCIレーションについても、缶詰を中心とした構成からCレーションと呼ばれる事があるが、正式なCレーションとはまったく別物である。

概要[編集]

CレーションのBユニット(1941年)
缶詰の中にビスケットなどが入っている。

頭文字のCは、駐屯地給食用の未調理生鮮食材であるAレーション、同じく包装済み未調理食材であるBレーションの次に区分されるレーションを意味する。 Cレーションの起源は第1次世界大戦中に遡る。 兵士1人が1日に必要な3食分の糧食を保存、味、栄養バランスの取れる上で補給の便と携帯のし易さを考慮したレーションの開発が行われた。戦後も研究は続き、兵站研究所(Quartermaster Subsistence Research and Development Laboratory)の初代所長であるW.R.マクレイノルズ少佐によって、Cレーションが生み出されることとなる。 マクレイノルズ少佐はそれまでの味が単調なビスケット等を中心とした保存糧食に「ビーフシチュー」や「肉入り麺」、「アイリッシュシチュー」といった家庭的なメニューを12オンス(340g)入りの長方形の缶詰にしたものを加える事を提案。 1939年の6月には容器形状が円筒形に、9月には当初10種類のメニューが予定されていた中から3つの肉ユニット「ミート&ビーンズ」「ミートポテトハッシュ」「ミート&ベジタブルシチュー」と3つのビスケットユニットとで構成されるレーションとして開発。 この1日分の糧食が6つの缶で構成される試作品は好評で、補給本部の技術委員会から、リザーブレーションの後継としての開発を認められたのである。だが開発延長用の資金としては、300ドルしか研究所に与えられなかった。

1939年までに研究所は10種類の主食案を提案した。そして、それまでの12オンス(340g)入りの長方形缶の代わりに、16オンス(454g)入りの円筒缶を用いる事とした。こうして、1日分6缶のレーションは、熱量4437キロカロリー、重量5ポンド10オンス(2.5kg)というものになった。1939年の9月には、当初10種類だった主食のメニューが生産設備の関係上、これまで試作されたもの以外の生産が困難な事が判明し、その為に主食は「肉と豆の煮込み」、「肉と野菜のハッシュ」、そして「肉と野菜のシチュー」の3種類に減らされることとなった。

そして1939年に、陸軍のレーションに関する基準を変更によって、「合衆国陸軍野戦レーション(U.S. ARMY Field Ration)C」として公式に発表された。また、Cレーションは陸軍の作戦時に調達されるレーションにもなった。

1940年には厳しい実地試験が行われ、その結果、缶が大きすぎて邪魔になる、主食の種類が少なすぎる、主食の量が多すぎる、主食で肉よりも豆が多すぎる、等の評価を受けたものの、栄養的には十分であり、陸軍で支給されてきた野戦レーションの中で最も優れたレーションであると認められた。

実地試験の結果から、16オンス(454g)缶から12オンス(340g)缶に変更され、Bユニットのビスケットの数が減らされ、その代わりチョコレートとインスタントコーヒーが追加された。生産の経験から主食の品質が改善された。後の変更点としては、1941年の終わりに個別包装されたキャンディとチョコレートキャラメルが採用された。

1941年の8月に、初期ロットとして150万個のCレーションが戦争準備の為に生産された。そしてCレーションは、第2次世界大戦を通じて、「フィールドキッチンが使用不可能な際の主要な作戦食」の座を占める事となる。 なお、このCレーション缶は付属するキー(鍵状の穴の開いた金属棒)で開缶するため、一般的な缶切りは不要であった。

1944年にメニューが全般的に見直され、Mユニットのメニューは12種類に飛躍的に増え、またBユニットもアクセサリーパックとなって内容物が改善されたが、第二次世界大戦中はそれまでに生産されたCレーションの在庫が無くならなかったため、新メニューはほとんど前線には届かなかった。

内容物[編集]

1941年当時のCレーションの内容物を下記に示す。 通常Mユニット1缶とBユニット1缶がセットで1食分であった。

Mユニット

  • Meat Stew with Beans(肉と豆のシチュー)
  • Meat with Vegetable Hash(肉と細断野菜の煮物)
  • Meat Stew with Vegetables(肉と野菜のシチュー)

の3種のメニューがあった。

Bユニット

  • 円形ビスケット5枚(後に4枚)
  • 角砂糖3個
  • キャンディ等3個
  • 飲料パケット(当初は濃縮コーヒー、後に合成レモン飲料パウダー、ブイヨンスープパウダーが追加)

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]