Advanced Host Controller Interface

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
AHCI
Advanced Host Controller Interface
Latest version 1.3.1
2011年11月11日 (2011-11-11)
Organization Intel
Website www.intel.com/content/www/us/en/io/serial-ata/ahci.html

Advanced Host Controller Interface (AHCI) とは、インテルが策定したシリアルATA (SATA) ホストバスアダプタインターフェース仕様である。

ストレージメモリ間のデータ交換などについて定義されている。これによりシステム設計の負担を減げ、また、NCQホットスワップなどの高度な機能が利用できるようになる。AHCIはあくまでホストコントローラー自体の規格でありSATAの通信規格とは独立である。

2018年6月現在、規格の最新のバージョンは1.3.1である。

モード[編集]

2011年現在市場のSATAコントローラーは以下3つのモードがある:

インテルは選択可能ならRAIDモードの使用を推奨している。これは、RAID機能を実現するために内部でAHCIが有効になっている場合が大半であり、一番柔軟な動作が可能だからである。また、最新チップセット以外でインテル製SATAドライバーの最新版を使用する際には、RAIDモードに設定してからインストール作業を行う必要がある。AHCIはRAIDモードのない古いチップセット(に内包されているシリアルATAコントローラー)では適用外であるため。

IDEエミュレーションモードは、例えばOSがSATAに対応しておらず、SATAHDDを認識しない場合や、光学ドライブの書き込み安定性の向上を目的に使用される。

OSの対応[編集]

Windows VistaLinuxカーネル2.6.19、FreeBSD 8.0[1]OpenBSD 4.1、NetBSD 4.0、Mac OS XSolaris 10などでサポートされるようになった。実使用にはAHCI SATAコントローラー[2]、上記の対応OS、AHCIのデバイスドライバが必要となる。

脚注[編集]

  1. ^ https://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?ahci(4)
  2. ^ インテルの場合多くはI/O コントローラー・ハブ (ICH) に内蔵される

関連項目[編集]

外部リンク[編集]