AK-100 (両用砲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
AK-100 (両用砲)
Russian 3.9-inch guns.JPEG
種類 艦砲
原開発国 ロシアの旗 ロシア
運用史
配備期間 就役中
配備先 ロシアの旗 ロシア
 ウクライナ
インドの旗 インド
開発史
派生型 AK-100
諸元
重量 34,940 kg
要員数 砲塔内は無人

砲弾 15.6 kg
口径 100 mm口径 / 70口径長
銃砲身 単装
仰角 -10°/+85°
俯仰速度:30°/s
旋回角 360°
旋回速度: 20°/s
発射速度 最大60 発/分
初速 880 m/s
最大射程 21,000m
装填方式 弾倉方式、即応弾175発+200発 使用砲弾A3-UZS-58R*warfare.ru
照準 FCSによる方位盤射撃(緊急時には砲側照準可能)
テンプレートを表示

AK-100 100mm単装速射砲: AK-100 100 mm gun)は、ソビエト連邦が開発した艦砲である。76mm連装砲AK-726ロシア語版の後継として1970年代中頃から運用が開始され、ソ連海軍大型対潜艦警備艦を中心に搭載された。現在もロシア海軍の艦艇に搭載されている。

同砲は主としてMR-184レーフ(Lev, NATOコードネーム:カイト・スクリーチ (Kite Screech))FCSによって管制されるが、必要に応じて砲側での射撃指揮もできるようになっている。砲は水冷によって冷却され、砲身にはそのホースが付いている。

なお、後継としてA-190が開発されている。

採用国と搭載クラス[編集]

 ソビエト連邦海軍/ ロシア海軍
USSR, Flag KGB 1935.svg ソビエト国境軍/ ロシア国境軍
 ウクライナ海軍
 インド海軍

参考文献[編集]