AD-AS分析

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
AD–AS分析のグラフ
AD-AS曲線
IS-LM曲線

AD–AS分析: AD–AS model)あるいは総需要・総供給モデル: Aggregate demand–aggregate supply model)とは、総需要(Aggregate demand, AD)と総供給(Aggregate supply, AS)の関係を通して物価生産量を説明するマクロ経済モデル英語版のひとつである。雇用・利子および貨幣の一般理論において提示されたジョン・メイナード・ケインズの理論を基にしている。AD–AS分析は近代マクロ経済学の一領域を単純化した主要で代表的なモデルのひとつであり、リバタリアンから、レッセ・フェールの信望者であるマネタリスト(たとえばミルトン・フリードマン)、en:Economic interventionismの信望者であるポストケインジアン(たとえばジョーン・ロビンソン)に至るまで、AD–AS分析は経済学の広範な領域において用いられている。

AD(総需要)AS(総供給)分析は、実際のところ、ケインズ経済学の理論の可視化であり、これは広く受け入れられるに至っている。広くセイの法則(供給はそれ自体の需要を生み出すという古典派経済学の法則)を基にしていた古典的なAD–ASモデルでは総供給曲線を(長期だけでなく)常に垂直なものとして描いていた。

なお、IS-LM分析が主に財市場貨幣市場の均衡を考えるものだったのに対して、AD-AS分析はさらに労働市場を分析対象に加えている。

概要[編集]

AD/ASモデルはケインジアンモデルのビジネスサイクルを描くために利用される。2つの曲線の移動は様々な外生的な出来事が2つの変数に対して持つ効果を予測するために利用される。2つの変数とは物価実質GDPである。さらに、AD/ASモデルは時に様々な動的モデルの構成要素として組み入れられる(動的モデルとは、物価などの変数が時間経過とともにどう変化するかを見るモデル)。AD/ASモデルは、賃金(あるいはインフレ)と失業の関係を描くフィリップス曲線モデルに関連しているとも言える。

総需要曲線[編集]

IS-LM分析にて他の条件一定と仮定した場合において、物価Pを動かしたときIS-LM曲線の交点を縦軸P・横軸Yとしてプロットしたときの曲線。

総供給曲線[編集]

 Y = \acute{Y} + \alpha \left( P - P_\mathrm{E} \right)

総生産量Y

自然率の総生産量\acute{Y}

現実の物価水準P

期待物価水準P_\mathrm{E}

硬直賃金モデル[編集]

  • 労働者・企業は名目賃金W_\mathrm{N}を期待実質賃金W_\mathrm{RE}及び期待物価水準P_\mathrm{E}を用いて下記の式で決定するとする。

 W_\mathrm{N} = W_\mathrm{RE} \times P_\mathrm{E}

  • 実質賃金W_\mathrm{R}は名目賃金W_\mathrm{N}から現実の物価水準Pを割った式なので、

 W_\mathrm{R} = W_\mathrm{N} \div P = W_\mathrm{RE} \times P_\mathrm{E} \div P

  • 上記の実質賃金の式から、期待物価水準以上に現実の物価水準が上昇すると、実質賃金は下落し、企業は実質賃金が下がったので雇用を拡大し生産量を増やす。