平井義人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

これはこのページの過去の版です。Zazanasawa (会話 | 投稿記録) による 2018年3月7日 (水) 06:12個人設定で未設定ならUTC)時点の版 (→‎脚注)であり、現在の版とは大きく異なる場合があります。

ナビゲーションに移動 検索に移動
平井義人
居住 日本の旗 日本
研究分野 保存修復学
研究機関 東京歯科大学
出身校 東京歯科大学
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

平井 義人(ひらい よしと、1943年 - )は日本歯科医師歯学者。元東京歯科大学保存修復学講座教授。元日本レーザー歯学会理事長[1]

経歴

1970年東京歯科大学を卒業[2]。1997年より同大学教授に就任[2]

著作

  • 平井義人「4章 グラスアイオノマーセメント修復 4 5級窩洞・5 予後/7章 セラミック修復 8 予後」『カラーアトラス 保存修復の臨床』加藤喜郎小野瀬英雄医歯薬出版、1996年4月、第2版。ISBN 978-4-263-45325-4
  • 平井義人 他『わかる・できる 接着』猪越重久日野浦光安田登医歯薬出版〈月刊「歯界展望」別冊〉、1997年11月。NCID BA35965663
  • 平井義人 他『歯と口の健康百科 家族みんなの健康のために』伊藤公一高橋英登宮地建夫向井美惠安井利一小野芳明齊藤力鈴木尚医歯薬出版、1998年7月。ISBN 978-4-263-45400-8
  • 『保存修復学』小野瀬英雄井上廣、平井義人、田中久義医歯薬出版、2000年3月、第4版。ISBN 978-4-263-45463-3
  • 平井義人 他『接着歯学 Minimal Interventionを求めて』日本接着歯学会、医歯薬出版、2002年4月20日。ISBN 978-4-263-44135-0
  • 平井義人「第II編 歯科医療事故の予防と対策 第3章 診察処置時の留意点 5.処置 6)歯牙切削」『歯科医療事故予防学』青柳公夫鈴木俊夫[要曖昧さ回避]夏目長門医歯薬出版、2003年6月。ISBN 978-4-263-44154-1
  • 平井義人 他『保存クリニカルガイド』千田彰寺下正道田上順次片山直医歯薬出版、2003年7月。ISBN 978-4-263-45566-1

所属団体

学職
先代:
赤峰昭文
第115回
2001年11月
福岡市民会館
日本歯科保存学会 大会長
第116回
2002年5月
東京ドームホテル
次代:
松尾敬志
第117回
2002年11月
徳島県郷土文化会館
先代:
吉田憲司
第15回
2003年
レセプションハウス名古屋逓信会館
日本レーザー歯学会総会・学術大会 大会長
第16回
2004年
東京歯科大学
次代:
加藤喜郎
第17回
2005年
日本歯科大学新潟歯学部

脚注

  1. ^ a b 学会の歴史”. 日本レーザー歯学会. 2013年11月25日閲覧。
  2. ^ a b 新歯科衛生士教本 保存修復学・歯内療法学 著者略歴”. 医歯薬出版. 2013年11月25日閲覧。
  3. ^ 会員・名誉会員”. 日本歯科保存学会. 2013年11月25日閲覧。
  4. ^ 日本接着歯学会役員一覧”. 日本接着歯学会. 2013年11月25日閲覧。
  5. ^ Newsletter No.37”. 日本歯科色彩学会. 2013年11月25日閲覧。
  6. ^ 人間歯科人間工学会 各種委員会 平成24・25年度 役員”. 人間歯科人間工学会. 2013年11月25日閲覧。