ローシ川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

これはこのページの過去の版です。Rural City (会話 | 投稿記録) による 2020年4月23日 (木) 08:43個人設定で未設定ならUTC)時点の版 (→‎top: 読み)であり、現在の版とは大きく異なる場合があります。

ナビゲーションに移動 検索に移動
ローシ川
プリピャチ川
ローシ川
延長 346 km
流域面積 12,575 km²
河口・合流先 ドニプロ川
流域  ウクライナ
テンプレートを表示

ローシ川(ローシがわ、ウクライナ語Ро́сь)は、右岸ウクライナの北部、ドニプロ高地を流れる河川である。ドニエプル川の右支流。古名は赤川ウクライナ語Червона річка)。

概要

水源はヴィーンヌィツャ州ポフレブィーシチェ区オルディーンツィ村で、河口はクレメンチューク湖である。

総延長は346km。流域面積は12,575km²。

ローシ川沿いの主な都市はビーラ・ツェールクヴァボフスラーウなど。

ルーシの語源の一つとの仮説がある。

川沿いの市町村

参考文献

  • 『ポーランド・ウクライナ・バルト史』伊東孝之井内敏夫中井和夫編、山川出版社〈世界各国史; 20〉、東京、1998年(日本語)。NDLBibID: 000002751344ISBN 4-634-41500-3
  • 黒川祐次『物語ウクライナの歴史 : ヨーロッパ最後の大国』中央公論新社中公新書; 1655〉、東京、2002年(日本語)。NDLBibID: 000003673751ISBN 4-121-01655-6