ボフスラーウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ボフスラーウ
ボフスラーウ
ボフスラーウ
ウクライナにおけるボフスラーウの位置。

ボフスラーウウクライナ語Богусла́в;意訳:「神賛美」)は、ウクライナキエフ州ボフスラーウ地区にある市。ドニプロ川の支流ローシ川河岸に位置する。市名は「神を賛美する所」を意味する。面積は約71km²(2005年)。人口は約16,911人(2005年)。コサック軍歌とウクライナ民謡に登場するマルーシャ・ボフスラーウカの出身地。

歴史[編集]

1032年キエフ大公国ヤロスラウ賢公によって、欽察の襲撃から大公国を守る城として創建された。

1648年から1685年までにコサック国家ビーラ・ツェールクヴァ連隊の百人隊の町として属したが、1685年から1712年にかけてボフスラーウ連隊の連隊庁所在地であった。

1938年にボフスラーウ町が市制施行し、ボフスラーウ市が発足した。

名所[編集]

教会[編集]

博物館[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯49度32分48秒 東経30度52分22秒 / 北緯49.546667度 東経30.872778度 / 49.546667; 30.872778