ソーンダース・マックレーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

これはこのページの過去の版です。Jiangning320115 (会話 | 投稿記録) による 2021年1月4日 (月) 16:12個人設定で未設定ならUTC)時点の版であり、現在の版とは大きく異なる場合があります。

ナビゲーションに移動 検索に移動
ソーンダース・マックレーン

ソーンダース・マックレーンSaunders Mac Lane, 1909年8月4日 - 2005年4月14日)は、アメリカの数学者。

略歴

コネチカット州タフトヴィル生まれ。ゲッティンゲン大学にてパウル・ベルナイスに師事し、1934年に博士号を取得。1947年シカゴ大学教授に就任し、1982年同大学名誉教授。また、アメリカ数学協会会長(1951年-1952年)、アメリカ数学会会長(1973年-1974年)を歴任した。1986年スティール賞受賞。2005年、サンフランシスコにて没。

サミュエル・アイレンベルグと共に圏論を創設したことで知られる。自ら著した“Categories for the Working Mathematician[1]”(日本語訳タイトル『圏論の基礎』)は圏論に関する基礎的なテキストとなっている。

著作

  • ガーレット・バーコフ、ソンダース・マクレーン共著 『現代代数学概論』、奥川光太郎辻吉雄共訳白水社、1954年。 
    • ガーレット・バーコフ、ソンダース・マクレーン共著 『現代代数学概論』、奥川光太郎・辻吉雄共訳(改訂新版)白水社、1961年。 
    • ガーレット・バーコフ、ソンダース・マクレーン共著 『現代代数学概論』、奥川光太郎・辻吉雄共訳(改訂3版)白水社、1967年。 
  • 『数学 - その形式と機能』、赤尾和男岡本周一共訳森北出版、1992年5月。ISBN 4-627-01830-4 
  • ソーンダース・マックレーンほか著 『数学の基礎をめぐる論争 21世紀の数学と数学基礎論のあるべき姿を考える』、田中一之編・監訳シュプリンガー・フェアラーク東京、1999年2月。ISBN 4-431-70797-2 
  • 『圏論の基礎』、三好博之高木理訳シュプリンガー・フェアラーク東京、2005年7月。ISBN 4-431-70872-3 

脚注

  1. ^ Categories for the Working Mathematician”. www.springer.com. Springer. 2020年12月14日閲覧。