5つの断章 (ヴェーベルン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

5つの断章(いつつのだんしょう、Fünf Sätze für Streichquartett )作品5は、アントン・ヴェーベルン1909年に作曲した弦楽四重奏曲弦楽四重奏のための5楽章とも呼ばれる。ヴェーベルンの無調時代の作品。初演は1910年2月8日にウィーンで行われ、1922年に出版された。のち、1929年弦楽合奏のために編曲され、これは1930年に出版された。

構成[編集]

  1. 激しい動きで(Heftig bewegt)
  2. きわめて遅く(Sehr langsam)
  3. きわめて活発に(Sehr bewegt)
  4. きわめて遅く(Sehr langsam)
  5. やさしい動きで(In zarter Bewegung)

演奏時間は全曲で約11分。

参考文献[編集]

  • 作曲家別名曲解説ライブラリー16 新ウィーン楽派 (音楽之友社

外部リンク[編集]