2020年6月17日に確認された白い飛行物体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
白い飛行物体
運用者 不明
運用目的 不明
発見日 2020年6月17日
発見場所 宮城県上空付近
飛行高度 10,000m以上
白色
形状 気球のような形状
大きさ 直径18-36m程度(推定)
個数 複数個の可能性(予測)
動力 存在した可能性(予測)

2020年6月17日に確認された白い飛行物体は、2020年6月17日に宮城県上空等で確認された正体不明の白色の気球のような飛行物体である。

概要[編集]

白色の気球のような球体の下に十字状の構造物があり、その構造物にはソーラーパネルのような板が十字の短い側に片側5対、短い側から180°反対側となる長い側に6対付いていて、板のついた構造と直交する対称な構造には板はついていない。また、十字状の構造物の各先端部にはアンテナかプロペラのように見える白い部品があり、加えて、板のついていない構造には中ほどに二つの白いプロペラがついていて回転していることが確認されている。飛行高度は1,500-10,000m以上の上空で[1][2]、運用者や用途は不明。宮城県福島県山形県等で2020年6月17日5時頃から目撃された[3]。専門家は観測された高度から、複数の気球が別々の場所で飛ばされていた可能性も指摘している[4]

気象観測用の「ラジオゾンデ」

気象観測用のラジオゾンデに形状が似ているが、通常の気象観測用気球の飛揚時間は1時間半程度で[5]、宮城県ではラジオゾンデを使った観測は行っておらず、仙台管区気象台は「気象台の気球ではなく、正体はわからない」としている[6]。また、国土交通省仙台航空事務所は今回の物体の飛行に関して「航空法に基づく届け出は出ていない」としている[1][7][4]

運用者と運用目的[編集]

運用者と運用目的は、2020年6月17日時点で不明。

2020年6月17日時点で、仙台管区気象台は「気象台の気球ではなく、正体はわからない」[6]、また取り付けられている機器の形状から気象庁のものではない[8]国土交通省仙台航空事務所は「航空法に基づく届け出は出ていない」とし[1]、警察は「誰が飛ばしたものなのか等詳しい情報はわからない」、宮城県危機対策課は「各機関と連絡を取り合っているが、有力な手がかりはない」としている[9]

飛行高度[編集]

2020年6月17日、警察がヘリコプターを使用する等して調査したところ高度1,500m以上の上空を飛行していた[2]

2020年6月17日11時30分頃の時点で、宮城県亘理郡山元町上空約2,700m(9000フィート)を飛行するヘリコプターよりもかなり上を飛行していた[8]

2020年6月17日正午すぎの時点で、仙台港上空3,000mを飛行するヘリコプターよりも上を飛行していた[1]

上空10,000mを飛行する羽田行きの旅客機内からこの物体を撮影した人物もいる[4]

大きさ[編集]

正確な大きさは不明。

球体部分の直径に関しては、直径約2m[4]、(地上から上空10,000m以上にある同物体を目視で確認するには)少なくとも直径約10m[10]、など複数の予想がある。

月と白い飛行物体が一緒に写っている動画[11](この最初の動画の0分50秒付近)のカット[12]から球体部分の大きさを推定する。月の平均視直径が0.5179度であることを考慮すると上記の動画のカットから球体部分の視直形は0.103度と読み取れる。白い飛行物体の高度を (10-20km) と仮定すると、動画の撮影地点から白い飛行物体までの距離は10-20km以上となり、球体部分の直径は(10-20km x tan(0.103) = 18-36m) 18-36m以上と推定される。

動力[編集]

詳細は不明。

プロペラのようなものがついていたとされている[2]

また、強い西風の吹いている3,000-10,000m以上の高度に存在していたにもかかわらず(17日朝の仙台上空は強めの北西風が吹いていた[13])、半日も本州上空に留まっていたことから[5]、何らかの動力が存在したとの予測がある。

沿革[編集]

2020年6月16日[編集]

18時頃 - 17日に目撃された物体と似た物体が秋田県秋田市川辺で目撃された[14]

2020年6月17日[編集]

5時頃 - 宮城県で目撃され始め[1]、警察への通報が相次いだ[2]

8時頃 - 福島県福島市で目撃された[1]

8時15分頃 - 宮城県仙台市で目撃された[13]

8時30分頃 - 宮城県伊具郡丸森町[1]山形県東根市で目撃された[3]

9時10分頃 - 宮城県名取市で目撃された[7]

10時頃 - 宮城県仙台市青葉区[1]宮城県名取市[2]福島県福島市で目撃された[8]

10時30分頃 - 宮城県亘理郡亘理町で目撃された[8]

11時30分頃 - 宮城県亘理郡山元町上空で目撃された[8]

12時30分頃 - 山形県山形市上空付近で目撃された[7]

午後 - 太平洋側に流れて行った[4]

18時頃 - 同物体の現在地は不明[2]

2020年6月18日[編集]

18日の時点では同飛行物体は確認されなかった[4]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 宮城県の上空に浮かぶ謎の白い物体…気球?誰が?何のために? ヘリコプターで接近を試みると”. FNNプライムオンライン. 2020年6月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年6月17日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 日本放送協会. “上空に謎の白い物体 通報相次ぐ 東へ移動し消息不明に 宮城”. NHKニュース. 2020年6月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年6月17日閲覧。
  3. ^ a b 空にナゾの白い球状物体…目撃多数、宮城県「情報収集に努めている」 : 国内 : ニュース” (日本語). 読売新聞オンライン (2020年6月17日). 2020年6月17日閲覧。
  4. ^ a b c d e f 消えた「白い物体」一体どこに…専門家「複数飛んでいた可能性も」【宮城発】”. 2020年6月17日閲覧。
  5. ^ a b 何時間も浮遊する「謎の白い物体」 その正体は…現時点で不明 宮城” (日本語). ウェザーニュース. 2020年6月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年6月17日閲覧。
  6. ^ a b 白い飛行物体が出現 「気球?」正体は謎―仙台上空:時事ドットコム” (日本語). 時事ドットコム. 2020年6月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年6月17日閲覧。
  7. ^ a b c 警察がヘリ出動まで!「謎の白い物体」が宮城・福島・山形の空に…その正体は?”. FNNプライムオンライン. 2020年6月17日閲覧。
  8. ^ a b c d e ネット騒然!青空に白い「謎の物体」 正体は…”. news.tv-asahi.co.jp. 2020年6月17日閲覧。
  9. ^ 謎の白い飛行物体について防衛省「自衛隊の気球ではない」” (日本語). ABEMA TIMES. 2020年6月22日閲覧。
  10. ^ 《続報》上空を浮遊する謎の白い球体…航空評論家に見解を聞いてみた 【福島発】”. FNNプライムオンライン. 2020年6月22日閲覧。
  11. ^ 日テレNEWS / 日本テレビのニュース・速報 [@news24ntv] (2020年6月17日). "仙台上空2500m付近にナゾの白い飛行物体" (ツイート). Twitterより2020年7月24日閲覧
  12. ^ ツイートされた動画からのカット画像”. 日テレNEWS / 日本テレビのニュース・速報 (@news24ntv) による2020年6月17日午後1:28のツイート『仙台上空2500m付近にナゾの白い飛行物体』の動画より0分50秒付近をカット. 2020年6月17日閲覧。
  13. ^ a b 宮城県の上空にバルーンのような「白い物体」” (日本語). ねとらぼ. 2020年6月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年6月17日閲覧。
  14. ^ 白い物体は何?専門家の分析は”. KHB東日本放送. 2020年7月16日閲覧。

関連項目[編集]