2011 FIFA女子ワールドカップ・ヨーロッパ予選

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

2011 FIFA女子ワールドカップヨーロッパ予選には、欧州サッカー連盟(UEFA)から41チーム(開催国のドイツを除く)が参加した。出場枠は4.5(開催国のドイツを除く)。

過去の予選では、一部の国のみに本戦出場権が得られる可能性がある方式を採用していたが[1]、今予選では全予選出場国に本戦出場権が得られる可能性がある方式に変更された。

開催方式[編集]

グループリーグ
参加41チームを5または6チームずつの8グループに分け、ホーム・アンド・アウェーの2順の総当たり戦を実施。各グループ1位のチームがプレーオフに進出する。
プレーオフ
進出8チームを2チームずつに分け、ホーム・アンド・アウェー方式で対戦を行う。各勝者が本戦出場権を獲得する。また敗者は敗者復活戦に進む。
敗者復活戦
プレーオフの敗者4チームでノックアウト式トーナメント(各対戦はホーム・アンド・アウェー)を行う。勝ち残ったチームが、北中米カリブ海地区3位チームとの大陸間プレーオフに進出する。

グループリーグ[編集]

各参加チームは2007 FIFA女子ワールドカップおよび2009 UEFA女子選手権の成績を用いて順位付けされ、この順位によってシード順が決定される。

グループ 1[編集]

チーム
1  フランス 10 10 0 0 50 0 +50 30
2  アイスランド 10 8 0 2 33 3 +30 24
3  北アイルランド 10 3 2 5 8 16 −8 11
4  エストニア 10 3 1 6 7 44 −37 10
5  セルビア 10 2 3 5 7 19 −12 9
6  クロアチア 10 0 2 8 4 27 −23 2

グループ 2[編集]

チーム
1  ノルウェー 8 7 1 0 39 2 +37 22
2  オランダ 8 5 2 1 30 7 +23 17
3  ベラルーシ 8 4 1 3 17 14 +3 13
4  スロバキア 8 2 0 6 15 13 +2 6
5  マケドニア 8 0 0 8 3 68 −65 0

グループ 3[編集]

チーム
1  デンマーク 8 6 2 0 45 0 +45 20
2  スコットランド 8 6 1 1 24 5 +19 19
3  ギリシャ 8 3 0 5 11 20 −9 9
4  ブルガリア 8 2 2 4 9 25 −16 8
5  グルジア 8 0 1 7 3 42 −39 1

グループ 4[編集]

チーム
1  ウクライナ 8 5 2 1 24 9 +15 17
2  ポーランド 8 5 1 2 18 9 +9 16
3  ハンガリー 8 4 3 1 15 10 +5 15
4  ルーマニア 8 2 2 4 14 13 +1 8
5  ボスニア・ヘルツェゴビナ 8 0 0 8 0 30 −30 0

グループ 5[編集]

チーム
1  イングランド 8 7 1 0 30 2 +28 22
2  スペイン 8 6 1 1 37 4 +33 19
3  オーストリア 8 3 1 4 14 12 +2 10
4  トルコ 8 2 1 5 10 23 −13 7
5  マルタ 8 0 0 8 1 51 −50 0

グループ 6[編集]

チーム
1  スイス 8 7 0 1 28 6 +22 21
2  ロシア 8 6 1 1 30 6 +24 19
3  アイルランド 8 4 1 3 12 10 +2 13
4  イスラエル 8 2 0 6 4 24 −20 6
5  カザフスタン 8 0 0 8 4 32 −28 0

グループ 7[編集]

チーム
1  イタリア 8 7 1 0 38 3 +35 22
2  フィンランド 8 6 1 1 25 6 +19 19
3  ポルトガル 8 4 0 4 17 10 +7 12
4  スロベニア 8 2 0 6 7 27 −20 6
5  アルメニア 8 0 0 8 1 42 −41 0

グループ 8[編集]

チーム
1  スウェーデン 8 7 1 0 36 3 +33 22
2  チェコ 8 4 1 3 19 6 +13 13
3  ベルギー 8 3 1 4 18 13 +5 10
4  ウェールズ 8 3 0 5 23 16 +7 9
5  アゼルバイジャン 8 1 1 6 2 60 −58 4

プレーオフ[編集]

プレーオフ進出の各チームは、2009 UEFA女子選手権の成績およびグループリーグの成績を用いて順位付けされシードされた。スウェーデン・フランス・ノルウェー・イングランドがシードとなり、シードされたチームとそれ以外のチームが対戦するように組み合わされた。

チーム #1 合計 チーム #2 第1戦 第2戦
フランス  3 – 2  イタリア 0 - 0 3 - 2
イングランド  5 – 2  スイス 2 - 0 3 - 2
ウクライナ  0 – 3  ノルウェー 0 - 1 0 - 2
スウェーデン  4 – 3  デンマーク 2 - 1 2 - 2

フランスイングランドノルウェースウェーデンが本大会出場権を獲得。

敗者復活戦[編集]

準決勝 決勝
     
  ウクライナ 0
  イタリア 3     イタリア 5
    スイス 2
  デンマーク 1  
  スイス 3    


2010年10月2日

ウクライナ  0 - 3  イタリア チェルニーヒウ

2010年10月6日

イタリア  0 - 0  ウクライナ ラティーナ


2010年10月3日

デンマーク  1 - 3  スイス ヴァイレ

2010年10月7日

スイス  0 - 0  デンマーク アーラウ


2010年10月23日

イタリア  1 - 0  スイス トレヴィーゾ

2010年10月27日

スイス  2 - 4  イタリア アーラウ


イタリアが大陸間プレーオフに進出。

大陸間プレーオフ[編集]

当予選の敗者復活戦勝利チームと、北中米カリブ海予選(2010 CONCACAF女子ゴールドカップ)3位チームがホーム・アンド・アウェー方式で対戦する。勝者が本大会出場権を得る。



2010年11月20日

イタリア  0 - 1  アメリカ合衆国 スタディオ・エウガネオパドヴァ

2010年11月27日

アメリカ合衆国  1 - 0  イタリア トヨタパークブリッジヴュー英語版


アメリカ合衆国が本大会出場権を獲得。

脚注[編集]

  1. ^ 訳注:例えばen:2007 FIFA Women's World Cup qualification (UEFA)を参照。First Categoryに属するチームのみ本戦出場権が得られる可能性があった。

外部リンク[編集]