19 〜すべての人へ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
19 〜すべての人へ
19(ジューク)ベスト・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル ビクターエンタテインメント
チャート最高順位
19(ジューク) 年表
19 BEST LIVE Audio use only
2002年
19 〜すべての人へ
2005年
コンプリートBEST 青&春
2007年
テンプレートを表示

19 〜すべての人へ』(ジューク 〜すべてのひとへ)は、19(ジューク)ベストアルバム。2005年10月19日発売。発売元はビクターエンタテインメント

解説[編集]

ネオフォーク・デュオ「19(ジューク)」の楽曲を収録したベスト・アルバム。選曲については、携帯電話着うた」のダウンロード数ランキング上位17曲を収録したとされる。

アルバム名は一般公募し、ファンからの投票メールにより決定された。解散後も19(ジューク)の音楽を愛するリスナーの意思が反映された、「ファン重視」のベスト盤であり、歌詞カードにもその旨が掲載されている。その歌詞カードには全歌詞が掲載されているほか、活動をまとめた詳細な写真付バイオグラフィが別途封入されている。

当ベスト盤の制作にあたり、2005年に元メンバーの二人がレコード会社で再会し、解散後も着うた等で支持を受けている現状に驚いていた、と当時のスポーツ紙が伝えた。再結成を望む声は依然高く、たとえば2008年5月中旬放送のTBS系列音楽番組COUNT DOWN TV』における、「再結成してほしい歌手」ランキング(視聴者投票)では第1位を獲得している。

収録曲[編集]

  1. あの紙ヒコーキ くもり空わって (4:22)
    作詞:326、作曲:19
    TBS系列 '99春 キャンペーン・ソング
    第50回NHK紅白歌合戦 歌唱曲
  2. 以心伝心 (3:59)
    作詞・作曲:岡平健治
  3. 卒業の歌、友達の歌。 (3:30)
    作詞:326、作曲:19
  4. たいせつなひと (3:49)
    作詞:市川喜康・岡平健治、作曲:岡平健治
  5. すべてへ (4:21)
    作詞:326、作曲:岡平健治
    TBS系列 '99秋 キャンペーン・ソング
  6. 『果てのない道』 (4:08)
    作詞・作曲: 岡平健治
  7. (4:25)
    作詞:326、作曲:岡平健治
  8. あの青をこえて (5:14)
    作詞:326、作曲:イワセケイゴ
  9. 蒲公英 -たんぽぽ- (5:31)
    作詞・作曲:岡平健治
    活動停止前のラスト・シングル
  10. 「伝えたい音」 (5:04)
    作詞・作曲:岡平健治
  11. 水・陸・そら、無限大 (4:48)
    作詞・作曲:19
    シドニーオリンピック」日本代表公式応援ソング
    Mc'Donalds CMソング(メンバーもほんの少し出演していた)
    第51回NHK紅白歌合戦 歌唱曲
  12. 大自然 (2:57)
    作詞・作曲:岡平健治
  13. 瞬間概念 (3:53)
    作詞・作曲:岡平健治
  14. ありあまる地上の憂鬱とよろこび (4:51)
    作詞・作曲:イワセケイゴ
  15. たいせつなひと (album ver.) (4:01)
    作詞:市川喜康・岡平健治、作曲:岡平健治
  16. 西暦前進 2000年→ (4:05)
    作詞:326、作曲:岡平健治
  17. 三分間日記 (4:17)
    作詞・作曲:イワセケイゴ

関連作品[編集]