17のポーランドの歌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

17のポーランドの歌 作品74は、ポーランドの作曲家フレデリック・ショパンが作曲したポーランド語の歌曲集である。1857年ユリアン・フォンタナにより出版された(遺作)が、曲順は年代を反映していない。

作品は生前に発表されたものはほとんどなく、1829年頃から1847年頃にかけて作曲された[1](『願い』と『闘士』のみ生前に出版された)。フォンタナによれば、他にも多くの歌曲が作曲されたがその大半が失われたという[2]。1910年には、『ドゥムカ Dumka』と『魔女 Czary』が出版された。この他にも真偽不明の作品が報告されている。

ショパンの歌曲はどれも出版を前提としておらず、個人的な動機で書かれたためにピアノの書法はシンプルであり、『願い』などの自筆譜ではピアノの上段パートがメロディとなっていて歌詞が書かれている(校訂版ではボーカルとピアノを分けて編集されている)。ショパンが得意としたマズルカは『願い』、『かわいい若者』などで用いられている。

フランツ・リストによる『願い』などの6曲のピアノ用編曲、ショパン自身による『春』のピアノ編曲版が知られる。

編成[編集]

ソプラノピアノ

楽曲構成[編集]

()内は作詞者[3]

  • 第1曲 - 願い Życzenie (ステファン・ヴィトヴィツキ英語版)
    • 『乙女の願い』の名で知られる。
  • 第2曲 - 春 Wiosna (ステファン・ヴィトヴィツキ)
  • 第3曲 - 悲しみの川 Smutna rzeka (ステファン・ヴィトヴィツキ)
  • 第4曲 - 酒宴 Hulanka (ステファン・ヴィトヴィツキ)
  • 第5曲 - 彼女の好きな Gdzie lubi (ステファン・ヴィトヴィツキ)
  • 第6曲 - 私の見えぬところ Precz z moich oczu (アダム・ミツキェヴィチ)
  • 第7曲 - 使者 Poseł (ステファン・ヴィトヴィツキ)
  • 第8曲 - かわいい若者 Śliczny Chłopiec (ヨゼフ・ボーダン・ザレスキポーランド語版)
  • 第9曲 - メロディ Melodia(ジグムント・クラシンスキ)
  • 第10曲 - 闘士 Wojak (ステファン・ヴィトヴィツキ)
  • 第11曲 - 二人の死 Dwojaki koniec (ヨゼフ・ボーダン・ザレスキ)
  • 第12曲 - 私の愛しい人 Moja pieszczotka (アダム・ミツキェヴィチ)
  • 第13曲 - 望みはない Nie ma czego trzeba (ヨゼフ・ボーダン・ザレスキ)
  • 第14曲 - 指環 Pierścień (ステファン・ヴィトヴィツキ)
  • 第15曲 - 花婿 Narzeczony (ステファン・ヴィトヴィツキ)
  • 第16曲 - リトアニアの歌 Piosenka litewska (ステファン・ヴィトヴィツキ)
  • 第17曲 - 舞い落ちる木の葉 Śpiew z mogiłky (ヴィンチェンティ・ポルポーランド語版)
    • 原題は『墓場より歌える』。11月蜂起の失敗を詠った詩集『ヤヌシュの歌 Pieśni Janusza』による。フォンタナの初版では検閲に遭い、後に出版された。

脚注[編集]

  1. ^ ショパン/17のポーランドの歌”. a-babe.plala.jp. 2021年9月16日閲覧。
  2. ^ 初版のフォンタナによる序文(ポーランド声楽曲選集第1巻・ショパン歌曲集ハンナ社)に収録)
  3. ^ 井上 1998, p. 359.

参考文献[編集]

  • 井上和男 『改訂版 クラシック音楽作品名辞典』三省堂、1998年。 

外部リンク[編集]