1,2-ヘキサンジオール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
1,2-ヘキサンジオール
1,2-Hexanediol[1]
識別情報
CAS登録番号 6920-22-5
特性
化学式 C6H14O2
モル質量 118.17 g mol−1
外観 無色透明の液体
匂い 特異臭
沸点

170℃(1.70kPa)

への溶解度 混和
有機溶媒への溶解度 エタノール及びアセトンに易溶[2]
危険性
引火点 122 °C (252 °F; 395 K)
関連する物質
関連する異性体 1,6-ヘキサンジオール
関連物質 1,2-オクタンジオール
2-メチルペンタン-2,4-ジオール
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

1,2-ヘキサンジオール: 1,2-Hexanediol)は、化学式C6H14O2で表されるグリコールの一種である。

性質[編集]

常温では特異臭のある無色の液体で、引火点は122℃。日本の消防法では危険物第4類第3石油類に区分される[1]

用途[編集]

保湿性と抗菌性があり、1,3-ブタンジオールジプロピレングリコールなどと同様に化粧品に添加される[3]インクジェットプリンター用のインク溶媒としても有用である[4]

出典[編集]

  1. ^ a b 1,2-ヘキサンジオール”. 東京化成工業 (2018年10月4日). 2018年12月5日閲覧。
  2. ^ 1,2-ヘキサンジオール”. 富士フイルム和光純薬. 2018年12月5日閲覧。
  3. ^ (化粧品成分検定協会 2015, p. 28)
  4. ^ 機能化学品”. 大阪有機化学工業. 2018年12月5日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『化粧品成分検定公式テキスト』化粧品成分検定協会、実業之日本社、2015年4月10日。ISBN 978-4-408-45547-1