1,3-ブタンジオール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1,3-ブタンジオール
識別情報
CAS登録番号 107-88-0 チェック, 6290-03-5 (R) チェック, 24621-61-2 (S) チェック
PubChem 7896, 637497 (R), 446973 (S)
ChemSpider 7608 チェック, 553103 (R) チェック, 394191 (S) チェック
UNII 3XUS85K0RA チェック
EINECS 203-529-7
DrugBank DB02202
MeSH 1,3-Butylene+glycol
ChEBI CHEBI:52683 ×
ChEMBL CHEMBL1231503 ×
RTECS番号 EK0440000
バイルシュタイン 1731276

1718944 (R)
1718943 (S)

Gmelin参照 2409

2493173 (R)
1994384 (S)

特性
化学式 C4H10O2
モル質量 90.12 g mol−1
外観 無色の液体
密度 1.0053 g cm−3
融点

−50-210 °C, 223-483 K, -58-410 °F

への溶解度 1 kg dm−3
log POW −0.74
蒸気圧 8 Pa (at 20 °C)
屈折率 (nD) 1.44
熱化学
標準生成熱 ΔfHo −501 kJ mol−1
標準燃焼熱 ΔcHo −2.5022 MJ mol−1
標準モルエントロピー So 227.2 J K−1 mol−1
危険性
GHSピクトグラム 急性毒性(低毒性)
GHSシグナルワード WARNING
Hフレーズ H319, H413
EU分類 刺激性 Xi
NFPA 704
NFPA 704.svg
1
1
0
Rフレーズ R36/37/38
Sフレーズ S26, S36
引火点 108 °C (226 °F; 381 K)
発火点 394 °C (741 °F; 667 K)
関連する物質
関連するbutanediol 1,2-ブタンジオール英語版

1,4-ブタンジオール
2,3-ブタンジオール

関連物質 2-メチルペンタン
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

1,3-ブタンジオール(1,3-Butanediol)は、1,3-ブチレングリコール(1,3-butylene glycol)、ブタン1,3-ジオール(butane-1,3-diol)、1,3-ジヒドロキシブタン(1,3-dihydroxybutane)とも呼ばれる、ブタンジオールの4つの異性体のうちの1つである。食品香料の溶媒に用いられたり、ポリウレタンポリエステル樹脂のコモノマーとして使われたりする。生物に対しては低血糖剤として働く。1,3-ブタンジオールはβ-ヒドロキシブチレートに変換し、脳の新陳代謝基質英語版)としてはたらく[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 1,3-butylene glycol - Compound Summary”. PubChem Compound. USA: National Center for Biotechnology Information (2005年3月26日). 2011年10月7日閲覧。
  2. ^ Marie, Christine; Bralet, Anne-Marie; Bralet, Jean (1987). “Protective Action of 1,3-Butanediol in Cerebral Ischemia. A Neurologic, Histologic, and Metabolic Study”. Journal of Cerebral Blood Flow & Metabolism 7 (6): 794. doi:10.1038/jcbfm.1987.136. 

関連項目[編集]