黝方石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
黝方石 Nosean
ドイツのアイフェル地方オクテンドゥング英語版産の黝方石晶群
分類 方ソーダ石グループ- (準長石)
シュツルンツ分類 9.FB.10
化学式 Na8Al6Si6O24(SO4)
結晶系 立方晶系
対称 P43m
プロジェクト:鉱物Portal:地球科学
テンプレートを表示

黝方石(ゆうほうせき、nosean、noselite、ノゼアンノーズライト)とは、ラピスラズリの主成分の一つである鉱物である。準長石の一つ。化学式はNa8Al6Si6O24(SO4) H2O。 立方晶系。 結晶は白、灰色、青色、緑色、褐色である。 モース硬度は5.5から6で、比重は2.3から2.4。 蛍光が見られる。 SiO₂含有量の低い 火成岩に含まれる。 藍方石と固溶体を形成する。それにはカルシウムが含まれることもある。

1815年 ドイツラインラントに最初に記述された。英名Noseanはラーハ湖英語版地域の自然を研究したドイツの 鉱物学カール・ヴィルヘルム・ノーゼドイツ語版(1753-1835)にちなんで名付けられた。和名はあおぐろい方形結晶をなす石の意。 希少な鉱物ではあるが、アメリカ合衆国ユタ州ラサル山地英語版と海洋島(例えばタヒチ)のような多様な場所に発見されるので広範囲に及んでいる。

参考文献[編集]