黒木拝石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

黒木拝石(くろき はいせき、1886年10月 - 1950年9月14日)は熊本県出身の書家拝石で、本名は一二

略歴[編集]

1886年、熊本県球磨郡水上村に生まれる。21歳で文官試験に合格し、以降8年間在官したが、1916年に官職を退き、大阪商船会社に入社した。

書は王羲之虞世南などの南派の法帖を研究し、書風は「穏健にして漢字に宜しく假名に宜しく、二者の調和亦頗る妙を得てゐる」と評された。また墨池会を興し、雑誌「書学」、「国民習字講座」を発行するとともに、東方書道会審査員などにも就任、書道の普及、後進の育成に努め、門流からは小坂奇石木村知石が出た(木村知石とは1924年に大阪商船で出会った)。

1950年、63歳で没した。

参考文献[編集]

奥山錦洞『日本書道史』藤森書店、1982年(清教社、1943年の覆刻版)