黒木よしひろの302号室

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
黒木よしひろの302号室
ジャンル バラエティ番組
放送方式 生放送
放送期間 2007年4月5日〜2011年3月31日
放送時間 木曜日20:00〜20:55
放送局 FM熊本
パーソナリティ 黒木よしひろ
出演 masayan中村真弓ranai嶋本えみ渡辺ひとみほか
テンプレートを表示

黒木よしひろの302号室(くろきよしひろの302ごうしつ)は、FMKエフエム熊本で放送していたローカル番組である。

概要[編集]

  • お昼もGAMADASで、パーソナリティがリスナーからのメッセージの返答に困った際に「302号室で待ってます」や「302号室に来て下さい」と逃げ込んでいた熊本市某所にある謎の部屋番号が番組となる。パーソナリティ、スタッフ、出演者数人が各自部屋を持っていた。

番組の特徴[編集]

  • 「今日の黒スポ」→「フリートーク、呼び込み等」→「妄想・○○を見た!」→「こんなん生まれました!」→「ジダンの頭突き」→「エンディング」→「今夜の運勢」が通常の流れであった。

(ゲストの有無によってやや変則的であった。)

コーナー[編集]

  • 「ジダンの頭突き」
    • 「こんな○○は反則だ!」と毎週お題が変わるネタコーナー。
    • 評価はイエローカードとレッドカードがあり、レッドカードを獲得した面白ネタの中から住人が厳選し、景品が送られた。

    (2007年4月〜)←(レッドカードプレゼントは2007年4月下旬から)

  • 「妄想・○○を見た!」
    • 「有名人をこんなところで見た」という妄想を投稿してもらうコーナー。
    • 男気Tシャツの在庫が終了と同時にコーナーも終了かのように思えたが、リスナーの要望により継続中。(2008年7月〜)
  • 「こんなん生まれました!」
    • 「○○と××が結婚して△△が生まれました」というネタのコーナー

過去のコーナー[編集]

トイレの嘆き
  • 流してしまいたい事や忘れてしまいたい事などを投稿するコーナー。しかし次第にメールが来なくなり終了。(2007年4月〜不明)
ベランダの叫び
  • 声を大にして伝えたい事や叫びたい事、告白、謝りたい事、文句などを投稿するコーナー。こちらも次第にメールが来なくなりフェードアウト。(2007年4月〜不明)
突撃!隣の男気さん!!
  • 男気Tシャツプレゼントにともなって設立された。身近にいる男気あふれる人の様子を投稿してもらうコーナー。しかし男気Tシャツの在庫が切れた翌週に終了。(2008年7月〜10月)
木曜なのにFRIDAY
  • 面白い看板や画像等を投稿するコーナー。(2007年5月〜2009年9月頃から投稿がまばらになっている為、不定期であった)
今日の運勢
  • エンディング1分で送る無責任な占い結果のコーナー

リスナープレゼント[編集]

  • 男気Tシャツ
    • 毎年夏頃に番組スポンサーのリニューアルカー専門店30BOO(サンマルブー)とコラボレーションして作成されるTシャツ。背中の「男気」という文字は黒木よしひろmasayanが考えたものをプリントしていた。
    • 2008年には男気Tシャツプレゼントにともない新コーナーが設立された。
    • 2007年モデル 布地:黒 文字色:白 字体:黒木よしひろの文字を採用。
    • 2008年モデル 布地:赤 文字色:白 字体:「男気」黒木よしひろと「2008」masayanの文字を採用。
    • 2009年モデル 布地:黒 文字色:銀 字体:黒木よしひろの文字を採用。
  • 302号室特製缶バッジ
    • 2008年1月に製作個数が少ないながらもプレゼントをしていたが、追加で生産されることもなくプレゼントは終了した。
    • 2008年12月の第2〜4週に発表される3つのキーワードを書いて送ると抽選で3名に「お歳暮」としてプレゼントされた。
  • リスナーからの頂き物
    • 通称「横流し」。リスナーからの差し入れをそのまま別のリスナーにプレゼントすることが多かった。
    • 最近は「リスナープレゼントにお使いください」という趣旨で品物を送ってくるリスナーも少なくは無かった。
  • 番組特製年賀状
    • 2008年12月11日〜18日の間に番組宛にメールを送ったリスナーを対象に抽選で50名にプレゼントされた。

出来事[編集]

2007年[編集]

  • 7月26日・・・masayanがロックフェスに行くためお休み。スタジオに岩清水愛、中村真弓、マッキーが乱入。
  • 9月13日・・・ゲスト:ranai
  • 9月27日・・・黒木が骨折で入院のため「masayanの303号室」としてmasayanメインで、野田亜紅と一緒に番組が進められた。黒木はオープニングとエンディングに病室から電話出演。
  • 10月4日・・・黒木退院。この週も野田亜紅がスタジオに現れた。香川県のリスナー「みのごんた」も出演。
  • 11月22日・・・ゲスト:ハヤブサ(プロレスラー)
  • 12月13日・・・謎の美女として大森美知が出演。

2008年[編集]

  • 1月10日・・・ゲスト:ネスミス(現EXILE
  • 2月21日・・・ジダンの頭突き「こんな宇宙人は反則だ!」で黒木が涙を流すほど笑い転げる。(のちに2009年元旦放送の名場面リクエストで、この模様がリクエストされた。)この日から、「東横インホテル熊本駅前 宿泊券」のプレゼント開始。スタジオの外にY字バランスをする謎の美女が登場。
  • 4月3日・・・オープニングでmasayanとミッチー(大森美知)が電話でお花見レポート。スタジオではADキリンが初喋り。
  • 5月1日・・・Podcast消失。
  • 7月24日・・・masayan、2回目のフェス欠席。ゲスト:ばってん城次。
  • 8月21日・・・「超豪華缶詰」をプレゼントするために「オリンピックウソ速報」というテーマでメールを募集した。
  • 11月20日・・・ゲスト:ミスター雁之助(プロレスラー)

2009年[編集]

  • 1月1日・・・名場面リクエストSP。大森美知が番組アシスタントを卒業。
  • 2月27日・・・放送100回記念SP。初のストリーミング放送(途中でトラブル発生し、中断)。大森美知が登場。
  • 3月5日・・・高崎裕士(津軽三味線奏者)
  • 3月26日・・・4月から上京する浪人生リスナー「ナンセンス」が出演。
  • 4月2日・・・4月から上京する大森美知が出演。
  • 5月7日・・・香川県のリスナー「みのごんた」と奥さんの「みのごんこ」が出演。
  • 5月21日・・・内田勘太郎(元憂歌団
  • 6月4日・・・放送100回から細々と実施していたストリーミング放送終了。

2011年[編集]

  • 3月31日・・・放送終了。

ストリーミング放送[編集]

  • 不定期に番組開始〜終了+αの時間で部屋(スタジオ)の中の様子を配信していた。

ポッドキャスト[編集]

  • 毎週放送後にアップされるが、放送前に録音する場合もあった。
  • ラジオの本編ではなく、ちゃんとポッドキャスト用に別録りしている番組はFM熊本のポッドキャストの中でも唯一この番組だけであった。

番組開始当初は、本放送の反省会を兼ねていた。

  • 容量の都合上、25回目までのポッドキャストのデータは消去され、現在はダウンロードできない。
  • 2008年5月1日配信分のポッドキャストでは、作業中にパソコンの電源が切れ、データが消える事件があった。

よってこの回のポッドキャストではADキリン♂とディレクターの謝罪のみという内容になっている。

その翌週に、パーソナリティが前回分として作成していた。

番組ブログ[編集]

  • ポッドキャストのお知らせや次回の「ジダンの頭突き」のお題、その日の感想などが放送終了後にADキリン♂や出演者によりアップされる。
  • 当初はmasayanも放送終了後に毎週ブログをアップしていたのだが、2007年11月より不定期になっていた。
  • 2007年10月より、ブログに絵文字が使われるようになった。

宇土パスカワールド presents 302 League 2007[編集]

宇土パスカワールドで行われた302号室の住人によるボウリング大会の様子が、2007年10月〜2008年3月の第3土曜日18:30〜18:35に放送された。

岩清水愛、かなぶんや、えみりぃ〜、masayan、渡辺ひとみ、黒木よしひろの6人によるトーナメント方式で行われ、優勝したのは黒木よしひろ。

住人[編集]

外部リンク[編集]