黒坂周平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

黒坂 周平(くろさか しゅうへい、1913年(大正2年)11月3日 - 2003年(平成13年)2月7日)は日本の地方史研究家、郷土史家、教師。

経歴[編集]

1913年(大正2年)、長野県小県郡西塩田村(現上田市)生まれ。旧制上田中学(長野県上田高等学校)を経て長野師範学校を卒業し、学校教師になる。1950年(昭和25年)、『上田小県誌』史料編纂委員となる。1972年(昭和47年)、上田市立第三中学校を退職。

1973年(昭和48年)、東信史学会を創立し会長に就任、雑誌『千曲』を刊行。1979年(昭和54年)、塩田平文化財研究所を設立し所長に就任。1990年(平成2年)喜寿を記念し論文選集(献呈論文集含む)『信濃の歴史と文化の研究』を刊行。

著書[編集]

  • 『信濃の歴史と文化の研究』(1990) 黒坂周平先生の喜寿を祝う会編
  • 『定本信州の街道』(1991) 黒坂周平・古川貞雄共著
  • 『東山道の実証的研究』(1992)
  • 『上田・小県の昭和史―保存版 信州の昭和史シリーズ (3)』 (1999)

参考文献[編集]

  • 古代交通研究第13号「本会評議院黒沢周平氏の逝去を悼む」(木下良)
  • 『信濃の歴史と文化の研究 黒坂周平先生喜寿記念論文集』 黒坂周平先生の喜寿を祝う会編