黎宜民

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
前廃帝 黎宜民
後黎朝
第4代皇帝
王朝 後黎朝
在位期間 1459年 - 1460年
姓・諱 黎宜民(黎琮)
生年 紹平6年(1439年)10月
没年 天興2年6月6日
1460年6月24日
太宗
楊氏賁
元号 天興 : 1459年 - 1460年

黎 宜民(れい ぎみん、ベトナム語: Lê Nghi Dân)は、後黎朝大越の第4代皇帝(在位:1459年 - 1460年)。またの名を黎 琮(れい そう)。廟号諡号はなく、前廃帝と呼ばれる。

その治世はわずかな期間であったが、六部の設置など、後継の聖宗期に引き継がれた政策も多い。

生涯[編集]

太宗の長男。生後皇太子に立てられたが、生母の楊氏賁が傲慢な態度を取ったため、太宗の怒りを買って楊氏賁は廃されて庶民とされ、黎宜民も諒山王に降封された(真相は、楊氏賁が紅河デルタ出身で、清華出身の開国功臣と繋がっていなかったためと考えられる)。成人すると、皇太子の位を剥奪されて帝位を継ぐことができなかったことに不満を抱き、延寧6年(1459年)に兵を発して異母弟の仁宗黎邦基およびその母の宣慈太后阮氏英を殺して、自ら皇帝として立った。即位すると天興(天与(與)とも)と改元した。

即位から8ヶ月間に讒言を信じて旧臣を殺戮し、人々の怨みを買った。大臣の阮熾丁列丁璉の末裔)らは黎宜民を捕らえて殺し、厲徳侯に落として、その弟の平原王黎思誠を帝位に就けた(聖宗)。

先代:
仁宗
後黎朝の第4代皇帝
1459年 - 1460年
次代:
聖宗