麻杏ヨク甘湯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本来の表記は「麻杏薏甘湯」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。

麻杏薏甘湯(まきょうよくかんとう)は、漢方方剤の一つ。

生薬(しょうやく)の麻黄(まおう)、杏仁(きょうにん)、薏苡仁(よくいにん)、甘草(かんぞう)などを含む。 漢方の古典『金匱要略(きんきようりゃく)』などに処方が示されている。 関節痛、神経痛、筋肉痛、リウマチなどに用いられる。 麻杏薏甘湯に効果増強を目的に防已(ぼうい)を加えた処方もあるが、麻杏薏甘湯加防已として区別されている。