鹿島古墳群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鹿島古墳群(かしまこふんぐん)は、埼玉県深谷市にある古墳群である。

荒川に沿って南北約300 m、東西約1200 mの範囲に100基以上の古墳で構成された荒川右岸最大の古墳群である。ほとんど円墳で構成されているが、鹿島73号墳のみ方墳である。西側吉野川沿いの台支群、中央の鹿島支群、東側の枚方支群の3つの支群に分けられる。1972年(昭和47年)に54基が県の史跡に指定された。1993年(平成5年)古墳公園を建設する「保存整備基本構想」が策定された。

6世紀後半に築造が開始され、7世紀前半に全盛となり、8世紀初頭まで継続されたと推定される。

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 塩野博 『埼玉の古墳・大里』 さきたま出版会、2004年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯36度8分1.3秒 東経139度18分23秒