鹿ヶ谷通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鹿ヶ谷通(ししがたにどおり)は京都市内の南北の通り。 北は銀閣寺近くの今出川通から、南は南禅寺山内まで、東山北部の山麓を通る。 銀閣寺門前は観光地、南禅寺の近くは広大な庭園を備えた屋敷が続くが、途中は山裾の住宅地である。 西側の白川通と同じく南禅寺や永観堂付近では、観光シーズンに参拝客のタクシーや観光バスで混みあい、しばしば渋滞が発生する。

沿道の主な施設[編集]

関連項目[編集]

京都市内の南北の通り
西隣の通り
白川通
北は
今出川通
まで
東隣の通り
哲学の道
鹿ヶ谷通
南は
南禅寺山内
まで