鳥海有料道路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 1.svg
秋田県道131号標識
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 0.svg
山形県道210号標識

鳥海有料道路(ちょうかいゆうりょうどうろ)は、山形県飽海郡遊佐町から秋田県由利郡象潟町に至る一般県道のかつて存在した有料道路である。1970年昭和45年)7月17日に開通、2001年平成13年)に無料開放された。

愛称は鳥海ブルーライン[1]で、一般県道に認定されていた。無料開放されたのちも県道の路線名は変わらず、愛称もそのまま使用されている。


概要[編集]

遊佐町吹浦(ゆざまち ふくら)から鳥海山の5合目付近に位置する鉾立(ほこたて)を経由し、秋田県にかほ市象潟(きさかた)を結ぶ延長34.9キロメートルの山岳道路。うち、秋田県側の延長が16.8 km、山形県側が18.1 kmである[2]。鳥海ブルーラインの名の通り、絶景の日本海の雄大な眺めがいい道路で知られる[3]

路線データ[編集]

  • 総延長:34.9 km
  • 通行不能区間:なし
    • 冬季閉鎖区間:山形県飽海郡遊佐町吹浦字木落(旧吹浦料金所) - 秋田県にかほ市象潟町本郷字尾崎面(旧象潟料金所)間(旧有料道路部分)
  • 規格:第3種3級
  • 道路幅員:8.0 m
  • 車線数:2車線
  • (旧)料金所:2箇所
    • 象潟料金所:秋田県由利郡象潟町本郷字尾崎面
    • 吹浦料金所:山形県飽海郡遊佐町吹浦字木落
  • 開通日:1970年昭和45年)7月
  • 無料開放日:2001年平成13年)4月

路線状況[編集]

ヘアピンカーブが多くスピードは出せないが、道路の路面状態は良くたいへん走りやすい[4]。冬季閉鎖される区間があり、11月上旬から4月上旬までの間は閉鎖される[5]

地理[編集]

鳥海山は秋田・山形県境にある東北地方第2の高峰で、その標高は2,236 mあり、霊峰であるとともに日本百名山のひとつでもある[5][6]。道路は鳥海山の山裾を縫うように走り[5]、西側山体を5合目付近まで登り、ヘアピンカーブが多い。鳥海山は4合目(標高約1000 m)から高い木立がなくなり[6]、5合目付近からは日本海の雄大な景色をどこからでも眺められる[4]。眼下に見えるのは庄内平野日本海、沖には飛島を眺望でき、天候に恵まれれば、五合目の鉾立にある展望台からは、佐渡島から男鹿半島まで一望できる[6]。山形県側4合目付近に国民宿舎大平山荘、秋田県側5合目の鳥海山登山口に鉾立山荘、稲倉山荘などの山小屋や食堂がある[4]

通過していた自治体[編集]

交差する道路[編集]

秋田県側[編集]

山形県側[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 県道路線名(50音順) (PDF)”. 秋田県. 2013年4月6日閲覧。
  2. ^ 中村淳一編 2018, pp. 36–37.
  3. ^ 須藤英一 2013, pp. 50–51.
  4. ^ a b c 須藤英一 2013, p. 50.
  5. ^ a b c 小川・栗栖・田宮 2016, p. 35.
  6. ^ a b c 佐々木・石野・伊藤 2015, pp. 48–49.

参考文献[編集]

  • 小川秀夫、栗栖国安、田宮徹『ニッポン絶景ロード100』中村純一編、枻出版社〈エイムック〉、2016年4月10日、34 - 35頁。ISBN 978-4-7779-3980-0
  • 佐々木節、石野哲也、伊藤もずく『絶景ドライブ100選 [新装版]』松井謙介編、学研パブリッシング〈GAKKEN MOOK〉、2015年9月30日、48 - 49頁。ISBN 978-4-05-610907-8
  • 須藤英一『新・日本百名道』大泉書店、2013年。ISBN 978-4-278-04113-2
  • 『日本の絶景ロード100』中村淳一編、枻出版社、2018年4月20日。ISBN 978-4-7779-5088-1

関連項目[編集]